ホーム

ホーム

更新を再開します

仕事の関係等によりしばらく更新が滞っておりました。
順次、不具合を含めて対処していこうと思います。

断片 (このサイトのどこかにあるもの)

最高の幸せを手に入れる方法がひとつある。それは、今、この場所に生きることである。目の前の機会に、すべての注意を向けるのだ??マーク・バン・ドレン


ホームにて最新の記事の全文を読むことができます。
(読書ノートはログインしないと全文が読めません。)


ホーム > 読んだ >

自分の小さな「箱」から脱出する方法
人間関係のパターンを変えれば、うまくいく !

書誌

authorアービンジャー・インスティチュート
editor金森重樹(監修)、冨永星(訳)
publisher大和書房
year2006
price1600+tax
isbn4-479-79177-9

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2016.1.4読了
2017.2.23公開

一読してみて概ね本書が書いていることは正しいし、多くの場面で有効だと思う。要は相手の態度は自分の取る態度で決まり、それは自分が箱に入ることで起こる、ということを説いている。そして、私自身も自分の態度を相手に応じて決めることが多い。

とはいえ、p248では

相手が箱に入っていることを責めたりせずに、しかも相手の箱の存在に気づけたなら、そのほうがずっといいと思わないか。結局のところ、こちらもときには箱の中に入ってしまうわけだから、箱の中にいるということがどういうものか、感覚的に、わかっている。さらに、箱の外にいさえすれば、箱の中にいるのがどういうことか、頭でも理解できる。それに、こっちが箱から出てしまえば、相手がひどい奴である必要はなくなり、相手をひどい奴にする必要もなくなる。だから、つらい状況を悪化させるのではなく、よい方向に持っていくことができるようになる。

という記述があるが、「箱から出れば相手がひどい奴である必要がない」という辺りは状況に依ると思う。というのも、自分が相手をするつもりがなくても理不尽なことをしてくる人間はいるわけで、そういう場合はこちらが箱に入るとか出るとかではなく、始めからスルーしてしまう方が良いと思う。なぜなら本書は「箱」という概念を用いて、そこに自分が入ってしまうと自分から問題解決の術を切ってしまうから出るべきと主張しているが、しかしながら、それで相手をコントロールできるわけではないし、それで理解が通じるかどうかも相手次第だからである。それゆえ、本書は自分に起因する問題は解決できるし、その派生で解決できる相手の問題もあるだろうが
相手に発する問題全てまでを解決できるわけではない。これは相手が自分ではない以上、当然の結果だと思う。

むろん、だからといってそのための努力を放棄していいわけではないし、そのために自分が箱に入らない努力は必要だろうが、本書でいう問題解決の限界も知っておくべきだと思った。

抄録

viii

我々がこの世で受ける苦しみは、それぞれが脈絡なく発生しているようでいて、実は複雑にからみあった糸のように相互に影響しあっていることが多いのですね。

そして、その根本の原因を作り出している発生源が、他ならぬ自分自身そのものの見方であることが人生においては存外に多いのかもしれません。

29/30 cf.31-32/70

「もっと大きな問題というのは、

自分が問題を抱えているということが、わたしには見えていなかった、という点なんだ」

哲学者はこれを、『自己欺瞞』と呼んでいる。

でもザグラム(登場人物たちの勤めている会社:唯野注)では、もっとくだけたいい方をしている。『箱の中に入っている』というんだ。

つまり、自分を欺いているときには、わたしたちは『箱の中』にいるというわけだ。

50 cf.45/56

「つまり人間は、相手が自分をどう思っているのかを感じることができる。これがポイントなんだ。

自分が相手から、なんとかしなくてはならない問題と見なされているのか、操られているのか、策略を巡らされているのかが、わずかな時間でわかってしまう。偽善だってかぎつけられる。見せかけの親切の下に隠れている非難を、感じ取ることもできる。そして往々にして、そういう相手の態度を恨めしく思う。

63 cf.68-69/74

「見かけ上、わたしが何をやるにしても、たとえば席に座り、人を観察しながら新聞を読むにしても、それには基本的に二つのやり方がある。

他の人々をあるがままに、わたしと同じようにまっとうなニーズや望みを持った人々として見るか、あるいはそうでないないか、この二つだ。

前にケイトがいっていたんだが、一つ目のの場合には、人は、自分を他の人々に囲まれた一個人だと感じているのに対し、二つ目の場合には、物に囲まれた一個人だと感じている。

前者の場合、わたしは箱の外にいるが、後者の場合は、箱の中にいる。わかるかな」

80 cf.81

「これで君にもわかったと思う、ハードであるにしても、二つのやり方があるんだ。

同じようにハードなことをする場合でも、箱の中にいることもできれば、外にいることもできる。行動が違うんじゃない。ソフトな行動であろうがハードな行動であろうが、それをしている自分の状態が違うんだ。

83

箱の中にいるか外にいるかが問題なんだ。

君はまだ箱について多くを知っているとはいえないが、とにかく、箱の中にいると、現実を見る目がゆがんでしまう。自分自身のことも他の人々のことも、はっきりと見ることができなくなる。自己欺瞞に陥るわけだ。そしてそこから、人間関係のあらゆるごたごたが起こってくる。

101

常に完璧に箱から出ていなければならない、というわけではないの。完璧だなんてとんでもない。

109

まあ、そういってしまうってはちょっと強すぎるかもしれないな。自分がこうすべきだと感じたことに逆らって行動した。

他の人に対してどうあるべきかという、自分自身の感情を裏切ったんだ。そこで、このような行動を、自分への裏切りと呼ぶ」

119

「いったん自分の感情に背くと、すべての思考や感情が、何をしようと自分が正しい、と主張しはじめるるんだ」

126/127

「考えてみてくれたまえ。自分の感情に背く前、私は何か妻の助けになるようなことをしてやれると思っていた。妻のために何かをしてやらなくては、とね。状況をあるがままに見ていたんだ。しかし、自分の感情に背いたとたん、妻や自分を見る目がゆがんでしまった。自分の過ちを正当化するような見方をしはじめたんだ。

「なるほど、おっしゃる通りです。ということは、人は、自分の感情に背いているときに、箱の中に入るわけですね。それがおっしゃりたかったんだ。どこにいるのか、という問いに対する答えは、それですね ?」

「まさにその通り」

131 cf.130

箱の中に入ると、感情の面でも相手を責めるようになる。

「あんたがイライラさせるから、わたしはいらつくんだ。あんたが怒らせるようなことをするから、わたしは怒るんだ」というわけだ。

箱の中に入ると、頭と心が、そろって相手を責めはじめる。-/-

137 cf.132

「自分への裏切りがどういったものなのかは、わかったように思います。つまり、わたしたちは人間である以上、他の人たちが何を必要としているか、どうすればそれを手助けできるかを感じ取ることができる、というわけですね」

「そう、その通り」

バドとケイトが口をそろえていった。

「で、それを感じていながらその通りにしないと、他の人のためにこうすべきだという自分の感情に背くことになる。それが、自分への裏切りなんですね」

「まさにその通り」

「で、自分の感情に背いたとたん、物事を見る目が変わってくる。他の人、自分、その状況全体、すべてを見る目が、自分の行動を正当化するような形にゆがめられてしまう」

「ああ。自分への裏切りを正当化するような視点で、世の中を見はじめるというわけだ」

バドがいった。

「なるほど。そこで『箱』の登場となる。つまり、自分の感覚に逆らったときに、箱の中に入るわけですね」

「そうなんだ」

この辺の流れをまとめた図がp133。

139 cf.145

「自分の感情にまったく背かずに過ごせる日など、皆無といっていいんじゃないかな。一時間もないかもしれない。わたしはこれまでずっと、自分の感情に背き続けてきた。君やケイトやザグラムのみんなと同じようにね。そして自分の感情に背くたびに、今話したように、自分を正当化するような見方をしてきた。するとやがて、こういう自己正当化イメージのいくつかが、わたしの性格になってしまうんだ。それらのイメージは箱となって、わたしはその箱を、いろいろな場所や状況の中に持ち込むようになる」

144-145

「そうなんだ。箱の中に入るのに、きっかけはいらなかった。なぜなら、もうすでに箱の中に入っていたんだから」

146 cf.147

「つまり、もっとも優れた自己正当化イメージは、同時に、箱の外にいさえすれば、すばらしい性格になる類のものなんだ。だからそのイメージを、箱からは出ずに悪用するというわけだ。-/-

153 cf.158/166

「わたしは相手を責めることで、相手が箱に入るようにしむける。一方相手は、自分のことを不当に責めているといって、わたしを責める。ところがわたしは箱に入っているものだから、自分が相手を責めるのは当然だと思っている。そして、こっちを責めるなんてお門違いだと感じ、さらに相手を責める。相手もすでに箱の中に入っているから、責められて当然なのはわたしであって、そのことで自分が責められるなんてとんでもないと感じ、さらに私を責める……といった具合だ。つまり、わたしは自分が箱の中にいることで、相手が箱に入るようにしむけ……」

162/163 cf.164/169

「息子さんを責めている自分を正当化するには、相手が責めるに足る人間でなくてはなりませんから」

「つまり、驚くべきことなんだが、こちらが箱の中にいると、相手が問題を起こす必要が出てくるんだ。つまり、問題が必要になる」

173/174-175

「箱の中に入っていると、どうしても自分に気持ちが向いてしまって、結果に集中できなくなるんです」

つまり、組織の中では、一人の人間が箱の中に入ってしまって、成果をあげることに気持ちを集中できなくなると、その同僚たちも、成果をあげることに集中できなくなっていく。-/-

179

同様にこの辺の流れの図がある。

181

「まさにその通り。自分の感情に背いたからこそ、こういった問題が起きた。ということは、この問題さえ解決できれば、人間関係のさまざまな問題は、すべて解決できるということだ」

185 cf.200

あなたは今、謝罪することの必要性について学んでいるの。ルーのようにね。じきに、そこから生まれた計画についても知ることになる。前にもいった通り、この会社でおこなわれているすべてのことは、あなたが今学んでいることの上に立っている。これこそが、この会社の原動力なの」

205 cf.207

「そうなんだ。人間だった。私は相手を責めたり恨んだりすることをやめて、相手に感心を持とうとした。相手のあるがままの姿を見て、実際よりも劣った存在として扱ってきたことを、後悔していた。したがって、その瞬間のわたしはどこにいたことになる ?」

「箱の外、ですね」

「まさにその通り。箱の外に出たいと思ったそのとき、わたしはすでに箱から出ていた。相手のために何かしたいと思うことが、すなわち箱の外に出ることでもあるんだ。

210/211/213

「そうなんだ。箱の中にいると、自分が変えようとしているものをさらに強めることになってしまう。だから、相手を変えることで箱から出ようとしても、結局は、箱の中に留まる理由を、相手から与えられることになる」

「だから、相手を変えようとしてもうまくいかない」

「たしかに。理由は単純。張り合うというのは、相手を変えようとするのと同じくらい、防衛的な行動だ。これもやはり、相手を責めることになる。

「その通り。箱の中にいる場合、その状況から離れるというのは、相手を責める別の方法にしかすぎないんだ。自分は箱の中に入ったままで、相変わらず、偽りの感情がついてまわる。場合によっては、離れることも正しいかもしれない。しかし仮にその状況から離れることが正しいことだとしても、それだけでは充分ではない。なぜなら、最終的に、わたしは箱からも離れなくてはならないんだからね」

215

「わたしもそう思う。箱の中にいると、コミュニケーションが上手であろうとなかろうと、こちらに箱があることが、相手に伝わってしまう。そこが問題なんだ」

217/220/221

「たいがいの人が、人間関係の問題を、さまざまなテクニックを使って修復しようとするが、こういった問題は、実は、やり方が下手なせいで起こっているわけじゃない。自分への裏切りが、原因なんだ。人間関係が難しいというのは、解決不可能だからではなく、よく見かけるあの手この手の解決法が、解決になっていないからなんだ」

「箱の中にいたのでは、本気になれるわけがない。箱の中にいる自分の、みてくれを変えたにすぎないんだ。口論をキスに切り替えることはできる。ないがしろにしていた人に注意を向けることもできる。だが、そんなものは所詮、箱の家の変化であって、逆に問題の根っこである箱を増強することにしかならない。わたしにとって、相手はやっぱり物でしかないわけさ」

「自分のことを考え続けている限り、箱の外には出られない。箱の中に入っているときは、たとえ自分の行動を変えようとしたところで、結局、考えているのは自分のことでしかない。だから、行動を変えても駄目なんだ」

225

「『箱の外に出るために何をすべきか』という質問には、大本のところで問題があるんだ。仮に、すべきことが見つかったとしよう。でもそれは、箱の中にいようが外にいようが実行できる。

ということは、箱の中でそれを実行したところで、箱の外には出られないわけだ。-/-

228

「相手に逆らうのをやめた瞬間に、箱の外に出ることができる。自分を正当化しようという考えや感情から解き放たれるんだ。だから、箱から出る方法は、常にわたしたちの目の前にあるということになる。だって、自分が抵抗している相手は目の前にいるんだからね。相手に対する自分の感情に背くのをやめて、相手に抵抗するのをやめることは、可能だ」

230

「果たして自分に非はなかったんだろうかと、自分を疑ったろう ?」

232

目の前にいる人々が常に持っている基本的な『他者性』、つまり相手は自分とは違う一個の独立した人間であるという事実と、目の前にいるのとは別の人たちとともに箱の外に出ているあいだに学んだことが相まって、相手の人間性が、わたしたちの箱を突然突き通す瞬間があるんだ。

その瞬間に、自分が何をすべきかがわかり、相手を人間として尊重しなくてはならないということがわかる。

237-238

しかし、だからといって、必ずしも感じたことをすべて実行すべきだ、というわけではない。なぜなら、人それぞれに大事にしなくてはならない責任やニーズがあって、他の人に思うように手を貸せない場合もあるからね。

それでも、精一杯のことはできるわけで、その場合は、箱の外にいるからこそ、他の人たちを人間として見ているからこそ、そして自分がしたいからこそ、手を貸すわけだ」

245

「この人物が同僚を責めているのは、何にせよ同僚がしたことが原因なんだろうか。いいかえれば、人は、相手が箱に入っているせいで、自分も箱に入るんだろうか。箱に入る原因は、そこにあるんだろうか」

答えはもちろん「いいえ」だ。

「いいえ、箱に入るのは、自分を裏切るからです。それはわかっているんっです。ただ、箱の中に入らずに相手を責めるということはありえないのか、それが知りたいんです」

個人的にここは「いいえ」ではないと思う。本書が初めからいってきたように相手が自分の態度に反応するということは、逆も真なわけで、自分だけ特別というわけではないはずだからである。あるとすれば、それは箱に関する知識の差であって、それを「自分への裏切り」と表現しているのではないか。

247-248

でもいいかい、いったん箱に入ってしまうと、相手をひどい奴だと責めている自分を正当化するためにも、実際に相手がひどい奴であってくれなくては困ることになる。箱の中にる限り、問題が必要だからね。

そして、こちらが箱の中に留まり続ける限り、相手はひどい奴であり続ける。こちらが責めれば責めるほど、相手は責められるようなことをするわけだ。

相手が箱に入っていることを責めたりせずに、しかも相手の箱の存在に気づけたなら、そのほうがずっといいと思わないか。結局のところ、こちらもときには箱の中に入ってしまうわけだから、箱の中にいるということがどういうものか、感覚的に、わかっている。さらに、箱の外にいさえすれば、箱の中にいるのがどういうものか、頭でも理解できる。それに、こっちが箱から出てしまえば、相手がひどい奴である必要はなくなり、相手をひどい奴にする必要もなくなる。だから、つらい状況を悪化させるのではなく、よい方向に持っていくことができるようになる。

もう一ついえることがある。箱の中にいるリーダーが、会社にどれほどのダメージを与えるかは、わかったことと思う。なにしろ、周りの人をいとも簡単に箱の中に逆戻りさせられるんだから。

ということは、そういうリーダーになってはならない、ということだ。それが、リーダーとしての義務なんだ。こちらが箱の中にいる限り、仮に周りの人が君に従ったとしても、それは単に力に屈して、あるいは力を恐れて従っているだけなんだ。そんなものは統率力なんかじゃない。ただの威圧だ。みんなが進んで従いたいと思うのは、箱の外に出ているリーダーなんだ。今までの自分の経験を振り返ってみれば、君にもそのことがわかるはずだ」

249

「つまり、君のリーダーとしての成功は、自分への裏切りからどれだけ自由でいられるかにかかっている。自分への裏切りから自由になってはじめて、他の人たちを病原菌から解き放つことができるんだから。そうなってはじめて、リーダーになれる。人々から信頼され、期待に応えようという気を起こさせ、一緒に働きたいと思わせる、同僚になれるんだ。

268

いいかい、こちらが箱から出て仲間に加わらない限り、バドであれケイトであれ、君の奥さんであれ息子さんであれ、チャック・スターリのような人物であれ、共に働いたり、暮らしている人間の人と形(なり)を知ることは、できないんだ」

Up