ホーム > 読んだ >

当事者主権

書誌

author中西正司、上野千鶴子
publisher岩波新書
year2003
price700+tax
isbn4-00-430860-7

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2016.8.25読了
2016.12.2公開
2016.12.20修正

今年読んだ本では一番の白眉かもしれない、非常に読み応えがありためになる本。障害者、高齢者をマイノリティとしての介護される側としてだけ捉えるのではなく、当事者が自分たちで自分たちの世話をして、その質をより高め、更には事業としても成立させようという――物事の見方を変えるだけでこれだけ世界が違って見える――ということを如実に示した一冊である。

本書が非常に優れているのは、実際にその内容が自立生活運動を通じて培われたものであること、特に行政(役人)の論理を実績から覆していく部分に説得力があること、そしてそれを通じて現在の日本の民主主義に大きく欠けているのがこの当事者性ではないのかという厳しい問いを読者にも付き付ける内容となっているためである。

正直にいうと本書は上野千鶴子の名前だけで買ったのであるが、もっと多くの人にぜひとも読んでもらいたい本である。自戒を込めて宣伝しておく。

抄録

2-3 cf.3

当事者とはだれか ? 当事者主権とは何か ?

ニーズを持ったとき、人はだれでも当事者になる。ニーズを満たすのがサービスなら、当事者とはサービスのエンドユーザーのことである。だからニーズに応じて、人はだれでも当事者になる可能性を持っている。

当事者とは、「問題をかかえた人々」と同義ではない。問題を生み出す社会に適応してしまっては、ニーズは発生しない。ニーズ(必要)とは、欠乏や不足という意味から来ている。私の現在の状態を、こうあってほしい状態に対する不足ととらえて、そうではない新しい現実をつくりだそうとする構想力を持ったときに、はじめて自分のニーズとは何かがわかり、人は当事者になる。ニーズはあるのではなく、つくられる。ニーズをつくるというのは、もうひとつの社会を構想することである。

ところで「当事者主権」とは、聞き慣れないことばだろう。このところ、当事者主義とか当事者本位という言い方が登場しているが、そういう標語が向かおうとしている方向と、本書は志を共にしている。だが、ここであえて、耳慣れない「当事者主権」ということばを打ち出したのも、当事者主義では、いろいろある主義主張のひとつ、それも偏った少数派の意見ととられがちだし、また当時者本位という言い方では、またしても「あなたがほんとうに必要なものを私たちが提供してあげましょう」というバターナリズム(温情的庇護主義)にからめとられてしまう危険性があるからだ。

当事者主権は、何よりも人格の尊厳にもとづいている。主権とは自分の身体と精神に対する誰からも侵されない自己統治権、すなわち自己決定権をさす。私のこの権利は、誰にも譲ることができないし、誰からも侵されない、とする立場が「当事者主権」である。

4

当事者主権の要求、「私のことは私が決める」というもっとも基本的なことを、社会的な弱者と言われる人々は奪われてきた。-/-

5-6

私たちがあえて、当事者主権ということばを選ぶのは、何よりも受け身の「お客様」扱いに対する抵抗からである。サービスの主人公は、それを提供する側ではなく、それを受けとる側にある、という考え方は、生産優位から消費優位への市場の構造の転換と対応しているが、同時に「利用者本位」「お客様本位」というフレーズが、「お客様」のどのような無理難題にも応じなさいという、サービス労働者の搾取に結びついてきたことも、考慮しなければならない。当事者主権とは、サービスという資源をめぐって、受け手と送り手のあいだの新しい相互関係を切りひらく概念でもある。

6

私たちがこの本で言う「当事者主権」の考え方を、鮮明にうちだしたのが、障害者自立生活活動であった。この本は、その運動の達成から生まれている。

7-8 cf.30

自立生活活動が生んだ「自立」の概念は、それまでの近代個人主義的な「自立」の考え方――だれにも迷惑をかけずに、ひとりで生きていくこと――に、大きなパラダイム転換をもたらした。

ふつう私たちは「自立」というと、他人の世話にならずに単独で生きていくことを想定する。だがそのような自立は幻想にすぎない。どの人も自分以外の他人によってニーズを満たしてもらわなければ、生きていくことができない。社会は自立した個人の集まりから成り立っているように見えて、その実、相互依存する人々の集まりから成り立っている。人生の最初も、最期にも、人と人が支え合い、お互いに必要を満たしあって生きるのはあたりまえのことであり、だれかから助けを受けたからといって、そのことで自分の主権を侵される理由にはならない。

人々が相互依存して生きている社会で、他人の助けを得ないことが、なぜ理想とされるのか。だれからも助けを得ない人は、豊かな人生をおくっているとはいえない。生涯を持った人が、必要な助けを必要なだけ得られる社会は、どんな人も安心して生きていける社会だ。それは、障碍の有無にかかわらず、私が私の人生の主人公であることを貫くためである。障害者運動から生まれた「自立」の概念は、非障害者を標準にできあがった、それまでの「自立」観を、大きく変えた。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up