SSL、HTTP/2、レスポンシブWebに対応しました

もっとさっさとやっておくべきであった。

断片 (このサイトのどこかにあるもの)

天才とは僅かに我我と一歩を隔てたもののことである。只この一歩を理解する為には百里の半ばを九十九里とする超数学を知らなければならぬ。


ホーム > 読んだ >

究極超人あ~る (全10巻)

書誌

authorゆうきまさみ
publisher小学館
year1986-2018
price694+tax (10巻)
isbn978-4-09-860094-6 (10巻)

目次

1感想

履歴

editor唯野
2018.10.23読了
2018.11.12公開

まさか、あの『究極超人あ~る』に続刊が出ようとは ! それも31年ぶりで、2とか新とかではなく、普通に続刊なのがすごい。その内容はまごうことなき続刊であって、登場人物たちはもちろんこと、ノリも絵柄も「巻末のお言葉」まで、まるっきりそのままである。長い年月を隔ててなお、これだけのクオリティを再現できるのは作者がすごいということか...

この作品は私の高校時代における部活動というものへの考えを大いに歪めてしまった張本人であり、結果的に私自身にも大きな影響を与えた非常に罪深い作品なので、さすがに取り上げないわけにはいかない。多分、似たような人は私以外にもいっぱいいて、そして今回の私と同じように吸い寄せられてこの10巻を買っているのだろう。

個人的には、ゆうきまさみは素が古いタイプのオタクだと思っているので、パトレイバーとかよりもこの作品の方が好きですね。(10巻でも戦隊ものの出てくる辺り、やっぱりという感じ。)そーゆー意味では吾妻ひでおとかとの違いが興味深いというか... ちなみに登場人物では、“えりか”とか、OBの“もぐたん”とかが、すごーくいいですね ! (ネーミングの適当さとかも含めて。)

Up