SSL、HTTP/2、レスポンシブWebに対応しました

もっとさっさとやっておくべきであった。

断片 (このサイトのどこかにあるもの)

他人の歯や眼を傷つけながら、報復に反対し、寛容を主張する。そういう人間には絶対に近づくな。??魯迅『魯迅評論集』


ホーム > 読んだ >

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか
スピードは最強の武器である

書誌

author中島聡
publisher文響社
year2016
price1380+tax
isbn978-4-905073-41-3

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2018.5.22読了
2019.4.2公開
2019.4.18修正

要はあらゆる意味で後回しをせず前倒しして、最初の段階でゴールが見えるところまで仕事を片付けてしまうという段取りを勧めている本。何よりも徹底的に初動を重視することで、後回しにすることに伴う時間的なリスクの抑えることを説いている。

方法としては非常に正しいと思うが、一方で継続して行うタスク、元が大きくて分割せねばならないタスク、相手の応答が遅い場合などもあるので、自分にそういう面での裁量がないと少し難しいのではないかという感じもした。

ただ、著者自身も述べているようにプログラミングスキルの身に付け方なども同じことであって、必要に応じて後はトライ・アンド・エラーでまずは動くものにする――という辺りは全く同感であって、逆にいうとIT業界などでは応用させやすい仕事術だと思った。

抄録

5

まず、天から与えられている時間は皆平等である。ここに気がつきました。

人の能力がいきなり向上するようなことはありません。ならば時間の使い方を徹底的に突き詰めるしかない。すなわち、時間を制する者が世界を制している。

7

しかし、時間を自分の手の中に取り戻し、時間を最大限にまで効率的に運用し続ければ、もしかしたら2倍以上の能力差のある優秀な人たちをも出し抜けるのではないか、と思っていました。恐れるべきは失敗することではなく、自分の「やりたい」という思いに不誠実になることだったからです。

32

けれどもそういった成果を、恒常的に上げることができなければ意味がないのです。仕事にムラがある天才は、いくら先進的なアメリカの企業であったとしてもなかなか活躍できません。

35-36

仕事が終わらない人は、得てして後半の応用問題を甘く見ています。前半の基本問題をとんとん拍子に解いていくなかで、「こんなの簡単に終わるじゃないか」と錯覚するのです。しかしそれは根本的な勘違いです。応用問題がどのくらいで終わるかは、取り掛かってみないと絶対にわかりません。そして応用問題が終らなければ仕事は終わりません。

ですから応用問題に取り掛からないうちは、まだ仕事がどのくらいで終わるか判断できないのです。つまり、決まった期日内に終わらせることが重要な仕事の場合、まず取り掛かるべきは応用問題のほうなのです。

39

一方、アメリカにはそのような空気はありません。朝から来て仕事を終えれば、夕方には帰れます。これには確固たる理由があります。それは、アメリカ人が家族を大事にしているからです。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up