ホーム > ヘルプ >

開明堂とは

文書

履歴

editor唯野
1998.05公開
2008.10.13修正
2010.2.23リニューアル対応
2010.3.16BRC追加、Catalystアイコン追加
2010.4.21修正
2011.1.23修正
2012.1.6修正
2013.1.27修正
2013.5.26修正
2015.12.29修正
2017.03.28修正

開明堂とは

「開明」とは主に文明開化的な意味合いに用いられる言葉ですが、中国では伝説などとも関係のある言葉のようです。『山海経』では崑崙にある天帝が住まう宮殿の東の正門を開明門と呼び、それを守るのが開明獣などといわれています。ここでは人知を開く(かもしれない)インターネット上での小さなひとつの知識の泉(Knowledge Base)としてバーチャルな開明の館、即ち「開明堂」を屋号としています。

ちなみに、個人の Web サイトなどというものは、ここもそうであるように本質的にいって自己満足のためのツールに過ぎません。従って、当サイトのコンテンツは「来る者は拒まず、去る者は追わず」??それ以上のものでも以下のものでもありません。むろん、リンクなども自由です。

関わっている人

たいした内容がないので数だけでも増やそうとしているらしい :-) なお、このサイト全般に関わるご意見は Webmaster (唯野)宛でお寄せください。

MAS
杉澤
唯野

Blue Ribbon Campaign

Blue Ribbon Campaign

開明堂は開設当初より Web 上での言論の自由を訴える EFF の Blue Ribbon Campaign のバナーを設置して参加しています。

環境

Catalyst

このサイトは Perl を用いた Web Application Framework である Catalyst を用いて作成されています。環境は以下の通りです。

また、HTML と CSS の検証には W3C の Markup Validation Service を利用しています。

クライアント(開発)

Lenovo Thinkpad W530 (Core i7 3720, 16GB, 256GB(mSATA)+500GB+1TB, 1920x1080)
Windows 7 Professional SP1
Mozilla Firefox (jp)
WZ Editor
C++Builder XE6 Professional
TeraTerm
NextFTP

サーバ(運用)

Linode.com
CentOS
nginx
MariaDB
perl
Catalyst

Up