ホーム > 読んだ >

1984年

書誌

authorジョージ・オーウェル
editor新庄哲夫(訳)
publisherハヤカワ文庫
year1972
price?
isbn?

目次

1感想
2抄録
3要約
4作者

履歴

editor唯野
1997.10.2x読了
1998.5-6 ?公開
2001.9.18修正

まさしく衝撃的な一冊。オーウェルの名が本書によって不朽のものとなっただけのことはある。個人的にはある程度、話の進展の予想できてしまうようなところもなかったわけではないが、それを差し引いてなお、隙のない全体の構成、来るべくして来るラストシーン、危険な予見に満ちたストーリーといった完成度の高さは、20世紀を代表する文学作品のひとつとして間違いのない世辞になると思う。

いうまでもなく、「1984年」の中で繰り広げられるのは冷戦構造下を想定したかのような世界で繰り広げられる超管理社会の姿である。そこは、(1)誤った事実は瞬時にしてすべてが書き換えられながら真実は常に新しいひとつしか存在せず(それを疑問視することもない)(2)管理社会のアンチテーゼ/抵抗運動として流布しているはずのゴールデンスタインの兄弟同盟までが管理社会側の造反者を利用するための道具としてあらかじめ組み込まれ用意されていた存在なのであり(3)管理社会への造反者は究極的な従順/転向を手に入れることによって始めて死による解放が与えられる??そういう世界である。現在までの人類の歴史においてここまで意図的に計画/実現された管理社会はまだ存在していないが、特定の政治体制/指導者のもとにおいては似たような社会の存在していたことは今さら論を待たないところだ。オーウェルの先見性は、それを究極的な姿として描き切ることによって、我々に強烈な衝撃を与えることに成功しているわけであるが、まだそのような管理社会が正当性を獲得したためしのないのがせめてもの救いということになるのだろう。なぜなら、この世界はその管理社会が絶対に破綻しえないという点にこそ最大の恐怖があり、またそのための権力を維持するためにこそ管理の存在理由/目的が正当性を獲得しているからである。

抄録

24 偉大なる兄弟のスローガン

戦争は平和である
 自由は屈従である
  無知は力である

48 二重思考

-/-「現在を支配するものは過去まで支配する」にもかかわらず、過去はその性質からして改変が可能でありながら、ついぞ改変された試しがなかった。当面、真実とされるものは未来永劫にわたって真実であった。操作は簡単そのものだった。必要なことは自分の記憶力に対して果てしない勝利を樹立しさえすればよかった。??{ルビ:真実管理|リアリティ・コントロール}?≠ニ、それは呼ばれていた。新語法では??{ルビ:二重思考|ダブルシンク}?≠ニいわれた。-/-心は??二重思考?≠フ迷路に滑り込んでいった。知ること、そして知ってはいけないこと、完全な真実を意識していながら注意深く組み立てられた虚構を口にすること、相殺し合う二つの意見を同時に持ち、それが矛盾し合うのを承知しながら双方ともに信奉すること、論理に反する論理を用いること、モラルを否認しながらモラルを主張すること、民主主義は存立し得ないと信じながら党こそ民主主義の擁護者だと信ずること、忘れ去る必要のあることはすべて忘れ、しかし必要とあれば再び記憶の中に蘇らせて再び即座に忘れ去ること、そしてなかでも、その同じ方法それ自体にも、この方法を適用するということ。それが窮極のなかなか微妙な点であった。まず意識的に無意識の状態を作り出し、しかる後にもう一度、いま行なったばかりの催眠的行為を無意識化するということであった。??二重思考?≠ニいう言葉を理解するに当たっても二重思考を用いなければならなかった。-/-

202 過去の改変

全文を読まれる場合はログインしてください


Up