ホーム > 読んだ >

愛の断想・日々の断想

書誌

authorジンメル
editor清水幾太郎(訳)
publisher岩波文庫
year1980
price410
isbn0-336441-4

履歴

editor唯野
1999.12.3読了
1999.12.6公開
2002.11.24修正

ジンメルといえば著名な社会学者であるが、本書は彼の遺稿集からの抜粋を一冊の本としたものである。書名にもあるように、ここでの「愛の断想」は、彼にとっての「愛を知る人とは」という意味合いが強いものだ。これは後書きで語られているように、彼自身の愛人の存在にかけたものであったようである。一方の後者は彼の哲学者としての側面を示したもので、なかなかの寸言が並んでいる。実をいうと、既にこの読書ノートでも、そのうちのひとつは収録済である。(探してみよう :-))

それはさておき、ジンメルのような(いわゆる社会学の礎を築いた)人を見て私が思うのは、その学問の扱う対象領域の広さである。これはウェーバーにせよ、デュルケムにせよ、マルクスにせよ皆にいえることで、こういった人たちは社会学者でもあれば哲学者でもあり、経済学者でもあるといった、実に幅広い側面を持っている。もちろん、学問そのものの成熟していなかったがゆえに、そういう活動領域を後付けされるような必要性もなかったのだろうが、やはり専門分化してしまっている現在の学問の世界のことを考えると、すごいなと思わずにはいられない。そういえば、利根川進氏がノーベル賞を取ったときに、「取れる分野を選ばなければならない」といっていたのを、ふと思い出した。

愛の断想

13

愛を知る人においては、愛は自己目的である??生殖のためでもなく、快楽のためでもないことが、彼にとっては決定的である。

14

愛を知る人というのは、取ることと与えることとが一つであるような人間、取ることによって与え、与えることによって取るような人間なのである。

45

キリスト教の愛は、本質的に、助力の意思へ向うもので、他人の苦しみによって実現されるものである。こうして、キリスト教の愛は一般的なものになって行く。極めて深く且つ全く個人的な苦しみは、他人に手が出せるものではない。手が出せるのは、一般的な悩みだけで、貧困、病気、孤独なら助けることが出来る。キリスト教における愛の心の内容は、その宗教的基礎と同じように、一般的なものである。

49

世界を魂と規定するか、魂を世界と規定するか、存在か生成か、これは大きな対立である??同じことは愛にも見られる。在る人々から見れば、愛は、存在するもの、動かぬもの、絶対のものであるが、他の人々から見れば、絶えず生成するもの、休みなき発展、変化するもの、新しく獲得して行くものである。日々、愛を獲得して行かねばならぬ人だけが、「自由や生命」を得るのみならず、愛をも得る。

日々の断想

55

形式の豊かさというものは、無限の内容を取り入れ得るところに存し、内容の豊かさというのは、無限の形式に入り込み得るところに存する。二つの無限が相合うところに有限の姿が生れる??これによって、二つの無限は、形式を与えられた内容として見える一切の存在の周囲に漂い、一切の存在を無限なもののシンボルたらしめる。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up