ホーム > 読んだ >

ボルヘスとわたし
??自撰短篇集??

書誌

tagラテン
authorホルヘ・ルイス・ボルヘス
editor牛島信明(訳)
publisherちくま文庫
year2003
price1,300
isbn480-03795-0

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2003.10.12読了
2003.11.9公開
2003.11.10修正
2012.1.18タグ追加

まさしくボルヘスのボルヘスによるボルヘス読者のための本である。というのも本書に収められた短篇は自選であるというだけでなく、それに対する解説まで付けられている。おまけに自身による自伝まで含んでいるのだから、何とも便利な一冊となっている。また、それだけに広大なボルヘスの世界に対するひとつの定見を得る上でも極めて好適な本といえるように思う。

個人的には短篇の方は既知のものが多かったため、それらは再読というイメージが強く、それだけに自伝が最も興味深くおもしろかった。

抄録

21/25-26

「食堂を降りた地下室にあるのです」悲嘆のあまり持前の横柄さも影をひそめた弱々しい声で彼は続けた。「それはわたしのもの、わたしのものなんです。まだ学校にも行っていないほんの子供のころに、わたしが一人で見つけたものなんです。地下室に通じる階段は非常に急だったので、叔父にも叔母にも降りてはいけないと言われていたのですが、ある時誰かが、地下室には世界(ムンド)があると言っているのを聞きつけました。その人が言ったのは旅行かばん(ムンド)のことだということが後でわかったのですが、その時わたしは、文字どおり一つの世界が下にあると思いこんだのです。ある日わたしはこっそりと禁じられた階段を降り始めましたが、途中で足をすべらせて転げ落ちてしまいました。そして目をあけた時に見たのです、アレフを。」

「アレフ ?」とわたしは言った。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up