ホーム > 読んだ >

空飛び猫
ソラトビネコ

書誌

authorアーシュラ・K・ル=グウィン
editor村上春樹(訳)/S・D・シンドラー(絵)
publisher講談社文庫
year1996
price620
isbn6-263210-1

目次

1感想

履歴

editor唯野
2001.7.19読了
2001.7.21公開
2001.7.22修正

カバール=グィンによる絵本。主人公となるのはカバーにも登場している翼を持った 4 匹の猫(セルマ、ロジャー、ジェームス、ハリエット)である。シリーズ作が全部でいくつなのかよく分からないが、現在のところ本書の続編として『帰ってきた空飛び猫』『素晴らしいアレキサンダーと空飛び猫たち』の 3 冊が同じ訳者により訳出されている。というわけで 3 冊をまとめて読んでみた。(『帰ってきた?』にはジェーンという空飛び猫、『素晴らしい?』には書名にもあるアレキサンダーが新しく登場する。空飛び猫たちの飼主となるのがハンクとスーザンという子供の兄弟である。)

村上春樹の解説によると割と作者によるメッセージ性が織り込まれた作品ということであるらしい。例えば、機械文明への批判であるとかマイノリティへの思い(言葉を失っていたジェーンがアレキサンダーによってそれを取り戻す過程など)ということである。まあ、そういった深読みは後から考えればよいことで、とりあえずは素直に楽しませてもらったという感じだった。むしろ、絵本というのを読んだのが久しぶりだったので、気楽は気楽にだが、それを意識して読んだという印象が強い。たまには、こういう本も読んでみるものだなと思った。

Up