ホーム > 読んだ >

ゲド戦記 II こわれた腕輪

書誌

authorル=グウィン
publisher岩波書店
year1976
price1600+tax
isbn4-00-110685-X

履歴

editor唯野
?.3.21読了
2015.1.5公開
2015.1.12修正
2015.1.26修正

ゲド戦記の第二巻で、第一巻『影との戦い』よりも後のゲドが登場する物語である。しかし、本編の真の主人公といえるのはアチュアンの墓所の大巫女アルハ(テナー)であろう。ファンタジーとしておもしろいのはもちろんだが、それ以上に本書が示すのは、アルハという与えられた大巫女という立場の人間が、テナーという困難が伴うかもしれないが自由を得た個人として変化していく過程である。もっといえば、与えられて選択肢のない状態から自分で何かを選び取る姿への変化である。

ゲド戦記が非常に優れているのは、魔法使いといえども完全ではなく、人間としての苦しみがあり、困難を乗り越えようとも平凡な生き様を示すといった、特別な能力を持っているようで普通の人間として生きる姿にあるように思う。以前にも書いたことであるが、ファンタジーとしてのラノベが悪いとはいわないし、それはそれで良さもあるのだが、都合のよい部分が多いのも事実である。実際の人生では思った通りにはならないことの方が多いわけで、そういう困難さと向き合う術を教えてくれるのは、むしろ本書の側だと思う。

主要登場人物

アルハ(テナー)墓所の大巫女。cf.146
コシル墓所で空っぽの墓を掘る女、cf.158
マナン、ウアトー、ダビ巫女の付人
エレス・アクベ西国の王で魔法使い、腕輪の元の持ち主
インタシンエレス・アクベを破った神官
ハイタカ(ゲド)主人公
オジオンゲドの恩師

抄録

47

「どうすればいいのです ?」

アルハはきいた。彼女はずっと前に、聖なる土地ではやたらに扉を開けようとしても決して開くものではないと聞いたことがあった。

「闇の世界への鍵はどれもあなたさまがお持ちでございます。」

コシルが答えた。

57 cf.101

「わたしはここへ来る道を憶えてないわ。」

「お教えいたします。一度しか申し上げませんので、どうかお忘れになりませんように。もう、これからはお供いたしません。あそこはわたくしのいるべき場所ではございません。あなたさまおひとりでいらしてくださいまし。」

73-74/171

-/-代々の巫女は実はただひとりの人間であり、彼女らの命も自分の命も同じひとつのものであるはずだった。人間はみな永遠に生まれ変わっていくものだけれど、その中でアルハだけは永久にアルハその人に生まれ変わりつづけるのだという。-/-

「大巫女が死ぬとね。みんなでアチュアンじゅうを手分けして、大巫女が死んだのと同じ晩に生まれた女の赤ん坊を探して歩くの。かならず見つかるのよ。だって、巫女の生まれ変わりなんだから。見つかった子どもは、五歳になると、ここへ連れてこられるの。そして、六歳になると闇の者たちに捧げられて、魂は向こうに喰われてしまうの。そうやって、向こうのものになるんだけど、これは、もう、大昔、この世が始まった時から続いているの。それから、巫女には名まえがないの。」

77 cf.78

「ただし、ここにありますのは(エレス・アクベの:唯野注)お守りの半分だけでございます」

エレス・アクベの腕輪とゲドの関係についてはp165-168/216-217。

91

全文を読まれる場合はログインしてください


Up