ホーム > 読んだ >

減らす技術

書誌

authorレオ・バボータ
editor有枝春(訳)
publisherディスカヴァー・トゥエンティワン
year2009
price1440+tax
isbn978-4-88759-730-3

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2009.8.16読了
2010.4.24公開
2010.4.29修正

「Zen Habits」という Blog の主催者による本。Lifehack 系のサイトで名前だけは知っていたが、本屋に行ったら平積みになっていたので買ってみた。内容はおおよそ予想できるものだが、全体が体系的に整理されており、中身も具体的な手段や手順にまで踏み込むなど Hacks 的なものになっている。

実際問題として今の我々には、インプットされる情報も、やらなければならないことも、アウトプットしなければならないことも多すぎる。本書の著者ほどシンプルになるのは難しい気もするが、プログラムの世界でも「複雑すぎるものはすたれる」という(私が思うこの世界での数少ない真理といってよい)歴史があるので、やはり個人においても常に「よりシンプルであること」を目指すのは正しいと思うし、そうすべきだと思う。そういう意味ではさらっと読めるので、とっつきやすい本だと思う

抄録

5 cf.5-6

自分が受け入れることに「制限を設ける」こと。

つまり、すべてをやるのではなく、大切なことだけに集中して、自分の時間を最高に効率よく使うことだ。

11 cf.30-31

人生をシンプルにする 6 つの原則

  • 制限する
  • 本質に迫ることだけを選ぶ cf.46-49
    • リストを検討して最もインパクトのあるものを選ぶ
    • ゴールからさかのぼって考える
  • シンプルにする
  • 集中する
  • 習慣化する
  • 小さくはじめる

36-37

制限のある生き方によるメリット。

  • シンプルになる
  • 集中できる
  • 的を絞れる
  • 達成できる
  • 自分の時間を主張できる
  • 効率がよくなる

39 cf.69

とにかく「1度に1場面」に変えることに集中して、それがルーチン化するまで、つまり、制限に違和感を覚えなくなるまで続けよう。

習慣化チャレンジについて。cf.72-76

56

今はただ、本質に迫ることに集中するためには「ノー」と言うことが欠かせないと知っておいてほしい。シンプルに生きていくためにはそんな覚悟が必要だ。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up