ホーム > 読んだ >

自省録

書誌

authorマルクス・アウレーリウス
editor神谷美恵子(訳)
publisher岩波文庫
year1956
price400
isbn?

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2007.12.18読了
2010.10.20公開
2010.10.22修正
2010.11.03修正

ストア哲学者で哲人皇帝と名高いマルクス・アウレリウスの非常に有名な本である。が、これまで読んだことがなく、ようやく手に取ってみたという次第である。内容的には引用されて有名な言葉もあるし、ストア哲学において特徴的な禁欲面が出ているのもよく分かる。警句集としては今でも古典の一冊として十分な内容だと思った。

抄録

22

五 至る時にかたく決心せよ、ローマ人として男性として、自分が現在手に引受けていることを、几帳面な飾り気のない威厳をもって、愛情をもって、独立と正義をもって果そうと。また他のあらゆる思念(パンタシア)から離れて自分に休息を与えようと。その休息を与えるには、一つ一つの行動を一生の最後のもののごとくおこない、あらゆるでたらめや、理性の命ずることにたいする情熱的な嫌悪などを捨て去り、またすべての偽善や、利己心や自己の分にたいする不満を捨て去ればよい。見よ、平安な敬虔な生涯を送るために克服する必要のあるものはいかに少ないことか。以上の教えを守るものにたいして神々はそれ以上何一つ要求し給わないであろう。

六 せいぜい自分に恥をかかせたらいいだろう。恥をかかせたらいいだろう、私の魂よ。自分を大事にする時などもうないのだ。めいめいの一生は短い。君の人生はもうほとんど終りに近づいているのに、君は自己にたいして尊敬をはらわず、君の幸福を他人の魂の中におくようなことをしているのだ。

25

全文を読まれる場合はログインしてください


Up