ホーム > 読んだ >

リヒテンベルク先生の控え帖

書誌

authorリヒテンベルク
editor池内紀(編訳)
publisher平凡社ライブラリー
year1996
price780
isbn582-76156-9

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2002.8.14読了
2002.8.20公開
2003.9.6修正

著者は 18C ドイツを代表する物理学者で、ドイツで初めて避雷針を使ったり、ゲーテも『色彩論』では教えを乞うなどした人とのこと。しかしながら後世において、物理学者としてではなく、本書である警句集の著者として有名になるとは、これも歴史の皮肉であろうか。それはともかく、本書は死後に残された 15 冊のノートのメモ類(但し全てが現存しているわけではない)が元で、ここから更に訳者が部分を抽出したものになっている。読めばすぐ分かるが、確かになかなかアフォリズムの効いた言葉が並んでおり、ニーチェらが好んだというのも分かる感じがする。例によって、この手の本では気に入った言葉を抜き出した。

抄録

25

ささいなことを重大視する人間の性向が、しばしば大きなことを実現した。

27

周知のとおり、ルターはいった。
「酒と女と歌を愛さぬ者は、生涯の痴れ者」
つづいてつけ加えるのを忘れていた。
「女と歌と酒瓶の友であろうと、だからといって利口とはかぎらない」

とびきりの猿といえども仲間を絵に描くことはできない。それができるのは人間のみである。その種のことを得がたい能力と考えるのもまた人間だけである。

29

私の健康は水車小屋の主人と水の関係に似ている。週五日、粉を轢くためには、少なくともあいだの二日は水を貯めなくてはならない。

30

まるきり逆をするのもまた模倣である。要するに反対をまねている。

37

すべてを少なくとも一度は疑うこと。-/-

全文を読まれる場合はログインしてください


Up