ホーム > 読んだ >

ママ・グランデの葬儀

書誌

tagラテン
authorG・ガルシア・マルケス
editor桑名一博, 安藤哲行, 内田吉彦(訳)
publisher集英社文庫
year1982
price320
isbn760079-Y

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2002.8.27読了
2002.8.27公開
2004.10.22修正
2012.1.17タグ追加

この訳書の刊年を見るとガルシア・マルケスのノーベル文学賞受賞と同年であるから、それに便乗して刊行された本なのだろう。しかし、現在の文庫本の世界を見回してみて、ラテン文学に最も強いといえるのも集英社である。全集を出しているのだから当然なのかもしれないが、こういう意味での他社との差別化はありがたいことだ。

私は特別にガルシア・マルケスが好きというわけではないのだが、やはりラテン文学者として最も著名な名前ではあるわけで、それだけに訳書の文庫化率も高く、必然的に接する機会も多いということである。しかし、一方で思ったのは、これは逆に海外の人が日本の代表的作家の本を読むというとき、過去の日本の文学の系譜に関係なく川端なり三島なりだけを抽出しているようなもので、やはりそれだけでは表層に過ぎないのだろうな??という点である。

なお、一読しておもしろかったのは淡々と恩給の待ち続ける老人を描いた「大佐に手紙は来ない」、殺された泥棒の母親と神父の対話の前後が魅力的だった「火曜日の昼寝」、『族長の秋』 に通じる皮肉な部分を持つ締めくくり方を持った「ママ・グランデの葬儀」だった。

抄録

52

「コーヒーに甘味をつけるものです」彼は大佐に説明した。「砂糖ですが、糖がありません」

「そうでしょう」と大佐は言い、つばがほろ苦い甘さでいっぱいになった。「鐘がないのに鐘が鳴るようなものですな」

199

何事も考えず、立派な死を願うことすら忘れて床に横たわっていた状態がどのくらい続いたのかはわからなかった。実際、一瞬間だけ、彼は本当に死んでしまったかのようであった。だが意識を取り戻したときには、もはや痛みも驚きも感じなかった。彼は扉の下に一筋の青白い光を見た。そして、遠くで悲しそうに鳴く鶏の声を聞いて、自分がまだ生きており、説教の言葉を完全に覚えていることに気がついた。

229-230

ママ・グランデの精神的な所有物。

底土の豊かさ・領土の水源・旗の色・国家統治権・保守政党・人間の諸権利・解放された女性市民・第一行政長官・第二審議・第三審議・推薦状・歴史の不変性・自由選挙・美の女王・重要な演説・大規模なデモンストレーション・優れた未婚女性たち・品行方正な紳士たち・面目を重んじる軍人たち・閣下・最高裁判所・輸入禁止の品々・リベラルな婦人たち・肉の問題・言葉の純正さ・世に対する模範・法秩序・責任ある自由出版・南アメリカのアテネ・世論・民主主義の教訓・キリスト教徒のモラル・外貨不足・被保護権・共産主義の危険性・国の船舶・生活費の高騰・共和国の伝統・恵まれない階級・支持表明。

238-239

全文を読まれる場合はログインしてください


Up