ホーム > 読んだ >

ニューロマンサー

書誌

authorウィリアム・ギブスン
publisherハヤカワ文庫
year1986
price960+tax
isbn978-4-15-010672-0

履歴

editor唯野
2013.1.27読了
2013.3.13公開
2013.3.13修正

あまりに有名なので今更なのだが読んでみた。それで、今更だったせいか、いまいちであった。確かに本書が80年代のインターネット普及期以前に書かれたことを考えると、その世界観、物語としての完成度などは明らかにすさまじく、サイバーパンクが一世を風靡したのもうなずける。

しかし、さすがに読むのが今では、そのネタも使い古された感がある。SFにおける「古典」なのは間違いないだろうし、今後も「古典」であり続けるだけの作品だとは思うのだが、「今」読むのであれば、せめて『攻殻』くらいになるのではなかろうか??と思った次第。

主要登場人物

ケイツ主人公、電脳カウボーイ
ラッツバー<茶壺>のバーテンダー
ミス・リンダ・リーケイスが千葉で親しい女 cf.81/445
ウェイジケイツの千葉での取引先
ジュリアス・ディーンDNAを整復して生きながらえている135歳 cf.230
ディクシー・フラットライン電脳空間での脳死経験者 cf.99
モリイアーミテジの部下の女、ケイツと行動を共にする
アーミテジ新しい雇い主、元はウィリス・コート大佐 cf.158
フィンモリイの人脈にある主にソフトウェアの売買屋 cf.323
ホサカケイスの使うコンピュータ
冬寂(ウィンターミュート)アーミテジを操るAI
アロエルザイオン人
マエルムクザイオン人、曳舟ガーディの持ち主
アシュプールT=A創設者の一人。冷凍睡眠している cf.350-351
ピーター・リヴィエラT=Aの一人。 cf.401/414/474
レイディ・3(スリー)ジェイン・マリイ・フランスT=Aの一人
ヒデオ3ジェインに雇われる忍者 cf.468/475
ニューロマンサーAI cf.488

抄録

17 cf.60/90

電脳空間(サイバースペース)で、肉体を離れた歓喜のために生きてきたケイスにとって、これは楽園放逐だった。それまで腕っこきカウボーイとして出入りしていたバーでは、エリートは、ゆったりと肉体を見下す風があった。体など人肉なのだ。ケイスは、おのれの肉体という牢獄に堕ちたのだ。

140

「冬寂(ウインターミュート)は、AIの認識記号なんだ。ここにチューリング登録番号も持ってる。人工知能(AI)なんだよ」

「それはけっこうなこったけど」

とモリイが口を挟み、

「それでどうなるわけ……」

フィンが言う。

「ヤンダーボーイの言うとおりなら、このAIこそアーミテジの黒幕だ」

188

「やあ、ケイス」

五十リラのコインがケイスの手から落ち、一度弾んでから転がって、ヒルトンのカーペットのどこかに見えなくなった。

「冬寂(ウインターミュート)だよ、ケイス、話しあう時分だろ」

素子(チップ)の声だ。

「話したくないのかい、ケイス」

ケイスは電話を切った。

煙草が念頭から去って、ロビーに戻る途中、ケイスは一列に並んだ電話の前を歩かなくてはならなかった。各電話機が、ケイスが通るたびに、一度だけ鳴った。

249-250/251 cf.324

全文を読まれる場合はログインしてください


Up