ホーム > 読んだ >

The House at Pooh Corner
ハウス アット プー コーナー

書誌

authorA.A.Milne
publisher講談社英語文庫
year1998
price680+tax
isbn7700-2452-5

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2003.spring読了
2003.11.9公開
2003.11.18修正

プーさんの 2 冊目である。邦題は『プー横丁にたった家』となっている。登場人物はほとんど前作と変わらず虎の Tigger が加わる程度だが、前作で「no brain」などと無茶苦茶にいわれていた(?)プーさんも今作では少し賢くなって、それをもってめでたしという流れになっている。とはいえ、名前からいってもプーさんが主人公のはずだが、この本では他の登場人物の方が目立っているような感じがしないでもない。そういうわけでプーさん度はちょっと低めかもしれない。

抄録

101

`Do you know what A means, little Piglet ?'

`No, Eeyore, I don't'

`It means Learning, it means Education, it means all the things that you and Pooh haven't got. That's what A means.'

176

p.176

プー軍団(?)勢揃いの図。右から Piglet, Pooh, Owl, Eeyore, Rabbit, Tigger, Roo, Kanga という面々。

Up