ホーム > 読んだ >

ストレスフリーの仕事術
仕事と人生をコントロールする52の法則

書誌

tagGTD
authorデビッド・アレン
editor田口元(監訳)
publisher二見書房
year2006
price1500+tax
isbn4-576-06073-2

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2008.11.23読了
2010.5.26公開
2010.5.26修正

GTD (Getting Thinkgs Done)で有名なデビッド・アレンの本。『Getting Thinkgs Done』の方も『ストレスフリーの整理術』として新訳が出ている。GTD の概要は GTD の関連書籍でおおよそ理解しているつもりだったが、本書もよい本だった。

本書は刊行順では『ストレスフリーの整理術』よりも先になっているが、内容的には『ストレスフリーの整理術』を補うものとなっている。そのため副題にもあるように、小さなトピックを集めたものとなっており(元はメールマガジンの記事らしい)、体系的なものではないが逆に読みやすいと思う。

抄録

3

知識社会で生き残りたいなら、作業や時間を管理するだけの手法は役に立たない。必要なのはアイディアとエネルギーを管理する手法である。

10

GTDが素晴らしいのは、この手法が「仕事を成し遂げる技術」であること以上に、「知識社会におけるアイディア創造術」でもある点である

18

自身にふりかかる危機やプレッシャーを避けるために、場当たり的な行動をしてしまう人がいる。しかし自分自身や仕事に対処するためのシステマチックなアプローチ方法をきちんと持っていれば、ずっと効果的に物事に対処することができる。そしてそのようなアプローチを知っていれば、いつでもリラックスしていられる。リラックスしていれば、より少ない労力でもっと仕事がはかどるはずだ。

21-22

その過程でわかってきたのは、いわゆる「規律」が必要なのではない、ということだった。必要なのは自分を律することではなく、規律あるアプローチをとることなのだ。これ以上もっと勤勉に、がんばらなくてはならないというわけではない。あるアプローチにそって、段階的に、全体を把握することだったのだ

仕事においても、人はこのように反応すべきである。適切な反応のみを行うことでつねに平常心を保っていられるからだ。しかしそのためには、意識的な枠組みがきちんと整っていなければならない。しかもそのシステムは、混乱状態やストレスにも耐え得る、自然な原則に従っていなければならないのだ。

28

全文を読まれる場合はログインしてください


Up