ホーム > 読んだ >

SHAKESPEARE'S
Romeo and Juliet
ロミオ アンド ジュリエット

書誌

authorStuart A. Atkin(Retold)
publisher講談社英語文庫
year1994
price640
isbn7700-2266-2

履歴

editor唯野
2003.2.12読了
2003.2.17公開
2003.2.21修正

シェークスピアの『ロミオとジュリエット』である。とはいえ、原作そのものではなく、あくまでも抄本というか異本であるが... それはさておき、『ロミオとジュリエット』の笑い話として「ふたりの恋は 5 日間だった」というものがある。日曜に出会って恋に落ち、あの悲劇的な結末をたどったのが木曜だからである。つまり、そういう意味では現代人も真っ青のスピード恋愛であり、生き急ぎというべきものだったからである :-)

まあ、出会った日曜の夜に既にジュリエットが、

Suddenly Juliet reappeared on the balcony.

"Dear Romeo, just a few words before I go. If your love is true and if you want to marry me, tell me tomorrow. I'll send a messenger to you. Just tell me where and when we can get married, I'll be yours forever and follow you anywhere in the world!" (p.34-35)

といっているくらいであるから、まあ分かりやすいといえば分かりやすいのであるが... お話的にはあらすじまでよく知られたものであるし、そういう意味ではゲーテの『若きウェルテルの悩み』(こちらは三角関係の古典 ?)同様、ロマンスの古典である。いい意味でも悪い意味でもそうである。

# 英語的にも、それほど難しくなくおすすめ。

主要登場人物

Romeo Verona に住む Montague 家の男
Juliet Romeo と恋に落ちる Capulet 家の女
Nurse Juliet の侍女
Rosaline Romeo が Juliet と知り合う前に付き合っていた女
Friar Laurence フランシスコ派の僧侶で Juliet に眠り薬を渡す
Paris Juliet の両親が決めた許婚
Benvolio Romeo の友人
Mercutio 同じく Romeo の友人、Tybalt によって殺される
Tybalt Juliet のいとこ。Mercutio の敵として Romeo に殺される
Prince Verona の領主、Romeo の罪に対し Verona 追放を下す

Up