ホーム > 読んだ >

その仕事は利益につながっていますか ?
経営数字の「見える化」が社員を変える

書誌

authorジャック・スタック
editor神田房枝(訳)
publisherダイヤモンド社
year2009
price1600+tax
isbn978-4-478-00490-6

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2011.01.27読了
2011.02.08公開
2011.02.08修正
2011.02.13修正

まず、本書の冒頭にもある「ビジネスにおける高次元の法則」(p3)とは以下を指している。

  • 自分が与えた分だけしか得られない
  • 一人を止めるのは簡単だが、一〇〇人のチームをくい止めるのは困難である
  • 行動には必ず顛末がある
  • やるべきことをすぐに実行すべきである
  • 自分でやる気になることだ
  • ファンはときどき騙せても、プレーヤーは絶対に騙せない
  • 底辺を上げることは、頂点を上げることになる
  • 自分で目標を立てれば、たいていそれを達成できる
  • 誰からも注意を払われないと、人は仕事の質にこだわらなくなる
  • 変化はいつも頂点から起こる

また、それに続く究極の法則として「最高レベルの思考をすれば、最高レベルの結果が手に入る」(p4)を挙げている。具体的な手引きは p222 以降の付録にある。

本書が説く会社の業績回復手法は副題や冒頭(p8)にもあるように「最も効率的かつ最も利益が上がる最高の経営手法とは、全社員に会社経営について発言権を与え、また業績の良し悪しにかかわらず常に財務状況を公開することである。」という一文に集約されている。また、そのモチベーションの源となるボーナスと年間計画の策定ということが述べられている。パレートの法則がいうような 80:20 の法則(20%の人が80%の利益を稼いでいる)に照らし合わせるのであれば、社員全員にオーナー意識を持たせるという本書のやり方は一理あると思う。

抄録

10

会社経営者が知るべきことは、「ビジネスを決定づける要素はたった二つ」ということです。一つは利益を上げること、もう一つは資金を作り出すことです。この二つをちゃんとしている限り、ビジネスにつきものの失敗を犯したとしても会社は大丈夫です。

11 cf.84

結局、社員全員が団結して共通の目標を目指していく体制を作っているわけですから、社員同士を隔てたり、チームプレーの邪魔となる壁は、絶対に取り壊す必要があります。

12

ほとんどの会社に蔓延する3つの無知。

  • 経営幹部の無知(社員の信頼不足)
  • 現場社員の無知(上司の指示の理解不足)
  • 中間管理職の無知(両者の板ばさみ)

17 cf.14-15

でも、どうやったらもっと業績が上がるのかは、一切教えてもらえないんです。ただやたらに、どこに何を運べとか、事故を減らせとか、生産性をアップしろというような指示が出されていましたね。ですから、あの頃の私は、どうしたら稼げるかの知識がないまま、何百人もの社員を監督していたのです。今から考えるとゾッとします。

ところがある時ついに、もっと良いやり方があるってことに気づきました。そう、それこそが、ビジネスで昔から使われている財務諸表を使う方法だったんです。社員が財務諸表の使い方さえ理解すれば、会社経営は実に簡単だと思いました。

19

この逼迫した状態において、絶対に回避すべきことが二つあると分かっていました。一つは、現金を絶やしてはならないこと。そうなれば、会社は債権者に持っていかれます。そして、二つ目は社員の労働意欲を下げないこと。それは内部から会社を崩壊させます。-/-

全文を読まれる場合はログインしてください


Up