ホーム > 読んだ >

DEAMONS & DRAGONS 91
トラブル・シューティングの方法論

書誌

authorDinah McNutt, William LeFebvre
publisherアスキー
year『UNIX MAGAZINE 1997.9 』p.100-103
price?

目次

1抄録

履歴

editor唯野
1997読了
1998.9.25公開
2001.4.28修正

抄録

ネットワークのシステム管理者におけるトラブル・シューティングの方法論

トラブル??何が起こっているのか分からない
ユーザにとってはアプリだけが止まることもWSが止まることも同じ

問題を小さな要素に分ける
トップ・ダウンでどの要素が動いていないのか
構成要素を論理的に切り分けていく ブート手順など
(run levelを変える/スクリプトの実行順序の理解など)

推量(勘)によるアプローチ 経験の重要性
それを支えるのは整理された知識

トラブルと距離を置いてみる 先入観に頼らない
他人(違う視野)に聞いてみる

再現性の確認 バージョン管理ツールの利用
重要なシステムの変更は記録を取っておく
それはハードコピーしてマシンがなくても読めるようにしておく

変更は一度に複数のことを行わない
最後に行った変更を原因として疑う

エラー・メッセージの吟味
具体的なものを残すこと

平常時のネットワークの値などを知っておく

Up