ホーム > 読んだ >

UNIXという考え方
その設計思想と哲学

書誌

tagUNIX
authorMike Gancarz
editor芳尾桂(監訳)
publisherオーム社
yearH13
price1600+tax
isbn4-274-06406-9

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2007.12.11読了
2010.5.13公開
2010.5.13修正
2010.5.23修正
2012.1.17タグ追加

UNIXを普段から使っている人であれば、直接的/間接的を問わずそういう風にしているであろう、流儀というか、ゆるやかな方向性というか、そういうものをまとめた本。なので、分かる人には今更という項目が並んでいるわけではあるが、それでもこうやって項目としてきちんとリスト化されてみると「よくまとまっているな」と素直に思う。構成も最初に定理のリストがあって、それを詳述し、最後にまとめるというかたちになっていて非常に分かりやすい。

仕様やソフトウェアというものは、ただ放っておくと確実に肥大化・複雑化してしまい、メンテナンスのための手間が加速度的に増えていく。そういう複雑さを排除するために日頃から心がけておくべきこと、見直すべきことを簡便に見られるという意味では、悪くないアプローチの本だと思う。

抄録

iii

-/-現在のUNIX参考書のほとんどは、UNIXやUNIXに含まれる大量のツールの使い方を紹介するに留まっている。本書では、それらの背後にある基本的な考え方を取り上げる。-/-

1

UNIXの創始者たちは、ある極端なコンセプトから始めた。ユーザーは初めからコンピュータを使えるとみなしたのだ。UNIXは「ユーザーは、自分が何をしているかを分かっている」との前提に立っている。-/-

2

Multicsからアイデアを借りてくるにあたってトンプソンが採用した方法は、後のUNIXの開発者たちへの先例となった(念のためだが、以下の文章は言葉遊びや冗談ではない)。よいプログラマは素晴らしいソフトウェアを書く、偉大なプログラマは、その素晴らしいプログラムを「盗む」。いや、トンプソンを泥棒呼ばわりしているわけではない。そうではなく、彼は「独自技術症候群」を避け、すでにあるものにクリエイティブな付加価値をつけることにしたのだった。この方針が、後におそらく歴史上もっとも独創的なオペレーティング・システムを生むことになる。-/-

トンプソンは、UNIXの開発者たちへの先例をもう一つ作った。偉大なプログラムは、追いつめられた人間が書く。あるアプリケーションを書かなければいけないとして、「それが実用的でなくてはならず」「どうやればできるか知っているエキスパートがまわりにおらず」、「それを『正しく』やる時間がない」とき、一片のすばらしいソフトウェアが書かれる可能性が非常に高くなる。-/-

3

初期のUNIXに貢献した人々。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up

アルフレッド=エイホパターン検索、構文解析、ソート
エリック=オールマン電子メール
ケニス=アーノルドスクリーンの更新
お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015
2018-12-09 15:06:18
箴言集 #7
2018-12-09 15:06:12
天皇、FDR(ルーズウェルト)、マッカーサー
2018-12-09 15:06:08
資産防衛マニュアル
2018-12-09 15:06:00
天皇、FDR(ルーズウェルト)、マッカーサー
2018-12-03 13:13:15
資産防衛マニュアル
2018-11-24 22:33:16
資産防衛マニュアル
2018-11-24 22:22:46
究極超人あ~る (全10巻)
2018-11-24 22:22:40
仕事が早くなるプロの整理術
2018-11-24 22:22:37
究極超人あ~る (全10巻)
2018-11-12 12:29:09
RSS 1.0
アカウント
name
pass

読書ノートの全文を読むにはログインが必要です。

プロフィール

壁の標識には、”邪悪になりきれない魔術士タダノの事務所”