ホーム > 読んだ >

算私語録

書誌

author安野光雅
publisher朝日文庫
year1985
price380
isbn2-260310-0

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2002.11.8読了
2002.12.31公開
2003.1.17修正

元は『数学セミナー』に連載されていたもの。例によってというか、おもしろくためになるといえばなる、ならないといえばならない小話がたくさん載っている。本の装丁からして凝っているというか、らしさにあふれた一冊である。

# ちなみにここでの項数ではなく項番で取り上げている。

抄録

3

絵や図をかくとき、曲線は字の通り曲者である。雲形定規は全くの近似値である。銅線を芯にして、自由に曲る曲線定規というものもあるが、ほとんど使いものにならない。私は必要に応じて、フリーハンドの線から曲線を導き出し、ボール紙で定規を作ってかく。

5

直線定規だって曲者である。三角定規の一つのかどは必ず直角だ、と信じている人が多いが、大きい三角定規で直角の精度の高いものには、一度しかお目にかかったことがない。-/-

11

尺の物差しがないから、人間国法の指物師が困る、という話があったが、指物師は物差しをあまり使わない。物差しを介在させず、いきなり実物にあわせて切る。この寸法のとり方を「現場とり」という。たんすのひき出しなど、みんなこれである。ただし、大量生産のたんすは別である。

24

はじめ私の家を作るとき、設計図は自分でかいた。ガラス窓の一枚一枚から屋根瓦までかいた。不備の点を調べるために建築士に見てもらったら「卒論ですな」といわれたくらいの出来だった。はじめ大工さんは少々手荒、とかいたのは根拠がないわけではない。僕のかいた設計図はそっちのけで、ベニヤ板の上に墨で簡単な図をかき、い、ろ、は、に、などと符号をつけたものを見ながら仕事をすすめた。もっともそれで同じものができた。

26-1

屋根にペンキを塗るときは上から順に塗ってさがる。下から塗るとペンキが乾くまで降りてこられない。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up