ホーム > 読んだ >

BLAME! (全10巻)

書誌

author弐瓶勉
publisher講談社
year1998 (1巻)
price540+tax (1巻)
isbn4-06-3141829 (1巻)

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2015.7読了
2015..公開

最近読んだ漫画の中では抜群におもしろかったので紹介しようと思う。(「今頃読むなよ」とかいわれそうですが...)まずは世界観が独特でセリフ自体の少ないのがいい。あらすじは主人公である霧亥(キリイ)の永遠の彷徨の物語とでもいうべきもので、そのことをここまで描き切った漫画もなかなかないと思う。だから、そういう意味で通読すれば、作中で途中から行動を共にするようになるシボとの関係の行方もうなずける。

いってみれば、映画の「マトリックス」からいろいろな意味で世界の制約や決まり事、広さや時間を取り払っていった感じである。もしくは、その世界の未完成ぶりがちょっとボルヘスっぽい。予定調和を世界観からも、ストーリーからも排除していった結果として獲得される永続性、読み手の自由がそこにはある。というわけで、四の五をいわずに読みましょう !

なお、著者の作品に共通するモチーフとしての東亜重工とか熊なども、もちろん登場する。『シドニアの騎士』は良くも悪くも今風なロボット漫画ですので、真に読むべきはこちらでしょう !

抄録

10巻p199

Up