ホーム > 読んだ >

文明の旅
?歴史の光と影?

書誌

author森本哲郎
publisher新潮選書
year1967
price400
isbn?

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2001.4.27読了
2001.5.13公開
2002.4.9修正

この読書ノートもそれなりの量になってきてはいるのだが、いかんせんとっくに登場していてもおかしくないはずなのに、未だに名前がないという人も多く、森本哲郎もその一人である。個人的にいうと、この人もとても読みやすい文章を書く人で、おまけに本と旅を愛するところだけ取ってみても、既に私好みということになる。一冊読むと続けて読みたくなるというか、そんなわけで 『書物巡礼記』 とを続けて読んだ。だからというわけではないが読書ノートにも続けて登場願うことにしよう。

ちなみに、本書は著者が朝日新聞記者として 1963-65 にかけ世界を旅した際の文章をまとめたものだとのことである。

抄録

13

「科学によって現象を捉え、数えあげることができても、だからといって、それだけ一層よく世界を捉えたことにはならない」と。そして、

「仮りに世界の全表面を、私の指ですっかり辿ったところで、それだけ一層よく世界がわかるようにはならないだろう」と。

15/16/17

その殺人工場は「博物館」になっていた。何万人もの生命を投げ込んだカマドが博物館になっている ! そしてその出口には売店があり、当時の惨状を復元してみせた絵ハガキや、パンフレットや記念スタンプまで売っているのだ。旅行者は争って絵ハガキを買い、パンフレットを求め、スタンプを押す。-/-

しかし、私が愕然としたのは、次から次へと観光バスで運ばれてくる観光客たちが、この殺人工場へ流れ込み、そして申し合わせたように、カマドの前で記念撮影をしてゆく情景だった。「静かに ! 死者を尊敬して下さい。いたずら書きをしないで下さい」という木札のかたわらの壁に、観光客が残して行った無数の名前。彼らは何のためにここへやってくるのか。彼らに、カマドの前で写真を撮らせ、壁面に自分の名を刻ませるものは一体何なのか。

「どうしてこんなイヤな場所ばかり見物させるんですかね。それに、何だって観光客というのは、こんなところばかり見たがるんでしょう。話にきくと、あなたの国でもヒロシマやナガサキがたいへんな観光地になってるそうじゃありませんか。人間の悲惨さを見物させたり、見物したりするというのは何なのだろうね。私には分かりませんね」

そのインド人の静かな、深い瞳を私は忘れることができない……。

18/19/20

全文を読まれる場合はログインしてください


Up