ホーム > 読んだ >

眠狂四郎無頼控 (全6冊)

書誌

author柴田連三郎
publisher新潮文庫
year1963-
price440+tax
isbn4-10-1150060

履歴

editor唯野
?読了
2018.3.5公開

全6巻中の2巻までしか読んでいないが、とりあえず読んだ分を読書ノートとして上げておく。眠狂四郎シリーズはいくつか読んでいるが発表順とは無関係に接しているせいか、どうも展開として前後していると感じることもあり、それでこのシリーズも読むのが途中で止まってしまっている...

# ま、単なる言い訳ですな。

抄録(1巻)

29-30

脇門の潜戸を押して一歩入ってみて、狂四郎は、五百坪以上と測った。旗本の中でも上位にある者の住いである。屋敷坪数は、食禄の高をもって標準とした時代である。

32

庭番――すなわち隠密であった。特殊の職掌の故に、別外として、左手に竹箒を執って、御籠台(ろうだい)下(江戸城大奥と中奥の中間)で下座して台命(たいめい)を拝したので、この名称があった。勘定所で金をもらい、大丸呉服店の奥の間で、備付けの農・商・工・僧侶・売占(ばいぼく)等の衣裳で身を変えて、何処かへ出て行き、妻子眷族から行方を絶った。中道で発覚して非業の最期を遂げても、その報せは無かった。

45

それにしても、大奥の医師が、切支丹門徒であったとは、おそれ入ったというものである。室矢醇堂というのが、医師の名であった。名医と称されていたが、これは、ひそかに伴天連より西洋医学を修めた証拠にほかなるまい。

48 cf.74

「おれは、切支丹伴天連を憎む異端者(ぜんちょ)だからだ」
「失礼だが……貴方様の親御様の、どちらかは、日本のお方ではありますまい」

ずばりと指摘されて、瞬間、狂四郎の双眼が、凄まじい光をきらめかせた。

51 cf.252

金八の真剣な表情に、文字若は、頷いた。実は、この女の本性は、凄腕の淘摸だった。尤も、今では、殆ど足を洗ったかたちになっているが、弟分の金八とは、切っても切れない縁があった。

常盤津文字若 = 女淘摸お仙。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up