ホーム > 読んだ >

人生の大問題を図解する !

書誌

author永田豊志
publisher光文社
year2011
price1524+tax
isbn978-4-334-97669-9

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2013.2.6読了
2016.8.24公開

さくっと読めたのはよかったが、何だかあまり記憶に残るところも少なかった本。まあ、こういう本も当然ながらある。

抄録

9

しかし、ユダヤ人が特別な能力を持っていたわけではないと私は思います。彼らは国という“プラットフォーム”を持たなかった。国に頼ることができなかったから、自衛のために、自分の能力を磨き、住んでいる国でのプレゼンス(存在感)を高めてきた。生き残るために、自分自身の価値を高めることに尽力してきた??そういうことではないでしょうか。

10

でも、本書で紹介するのは、日本が危ないから逃げ出そうとか、日本政府に不満をぶつけようというようなことではありません。

「日本というプラットフォームに対して、自立した自分を創り出すこと」が目標なのです。

31/43

予測ができれば対処ができます。しかし、漠然とした不安だけでは策を講じることはできません。そして、それをそのまま放置したときに馬鹿をみるのは自分自身です。

だったら、自分の将来、自分の資産形成は少なくとも、あなた自身が計画し、管理すべきです。自分で管理していないものは、最終的にどんな結果になっても文句は言えないのです。

41

-/-大雑把に夫婦2人、年400万円で生活していくと考えた場合、85歳くらいまで生きるとして、

400万円 x (85歳 - 60歳) = 1億円

という計算から導き出されたのが1億円というわけです。

41 cf.44

歳入を上回る借金を続け、累積の借金が歳入の13倍以上に達している日本の財政のしくみ。消費税10%にしても解決できない収支。

さらに、人口の少ない現役世代が大勢のシニアを養うという日本の福祉のしくみ。少子化で働き手は減る一方です-/-。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up