ホーム > 読んだ >

「わたしはできる !」黄金の法則
自分の夢を実現できる人、できない人

書誌

authorB・スイートランド
editor桑名一央(訳)
publisher知的生きかた文庫
year2001
price533+tax
isbn4-8379-7157-1

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2009.3.23読了
2012.10.2公開

さすがに問題意識を抱いて寝て朝起きれば解決 ! というのは話がうますぎると思うが、「人は思った通りの人間になる」というのは、カーネギーの本でも触れられているように事実だと思う。本書は、この種の本としては有名らしい。私はあまり自己啓発本は好きではないが、ひとつのとっかかりを得られると考えれば、これも一読に値するとは思う。

抄録

24

「私はできる。私は人生の成功者になることができるのだ !」

これこそが正しい答えだと。

29

自分とのこの新しい約束については、もう一つ言いたいことがある。

約束を守ることにたいして、熱い思いをたぎらせてほしいのだ。

義務感でするのと、熱意をもってするのとでは、室が大きく違ってくる。

熱意は仕事の隅々にまで反映するものなのだ。

37 cf.41

このように、あなたは、あなたが「自分はこうである」と考えるとおりの存在なのである。

47

これから述べることは、私が考え出したことではない。私はただ、この世のはじめからあった基本法則や原理を使ってほしいといっているだけである。

50 cf.44/55

そして、書き込む前に、しばらくじっくり考えて、自分自身にこう問いかけよう。

「もしほしいものがなんでも手に入るとしたら、いったいなにがほしいだろうか ?」

真剣に考えることだ。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up