ホーム > 読んだ >

同時代を撃つ 情報ウォッチング PART3

書誌

author立花隆
publisher立花隆
year講談社
price1990
isbn204663-6

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
1996.3.7読了
1999.9.3公開
1999.12.10修正

全3冊を通して著者の言葉から感じたのは、「当たり前のことが通用しない現状」ということへのいらだちであったように思う。特に、この手の本(ホンカツなんかでもそうだが)では、これでもかといわんばかりに納得できない事実が暴露される。逆にいえば、そういう筆致によってこそ、彼らはジャーナリストとしての仕事を全うしているということになるのだろう。

まあ、ここまで来て、個々の記事に関してどうこうと評するつもりはないが、いずれにせよ1989という年が世界史上においても激動の1年であったことは間違いない。(本書はこの年のできごとを追っている。)ならば、そのできごとに対する正当な評価の努力をすることこそが、全ての同時代人に対して求められることになるのだろう。歴史の評価は何も学者ばかりの仕事ではないからである。

抄録

7-13/27-36

天皇の戦争責任問題について。

45/46

管理社会問題は今や生徒たちによる相互監視/相互管理体制になっていて、このほうが過激になっている。

48

ファッショとロックの接近--あまりにも同一的な若者たち。

54

偏差値は、統計学的に異なる母集団の順位を公平に比較する際においては、最も合理的なやり方である。

59

FSXの開発は国産機であるF1の後継なのであり、支援戦闘機という専守防衛の考えに基づいた日本独自のものであるのだから、国産されるのが当然である。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up