ホーム > 読んだ >

どんどん決めて、どんどん動け !
吉越流「即断即決、即実行」のすすめ

書誌

author吉越浩一郎
publisher実業之日本社
year2010
price1400+tax
isbn978-4-408-10857-5

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2016.12.21読了
2017.5.15公開

「即断即決、即実行」ということにフォーカスして解説した本。全くその通りだと思うので、私からもそれ以上にいうことがない...

抄録

1

しかしどんなによく考えられた優れたプランでも、締切に間に合わずに「実行」されなければ、存在しなかったのと同じです。また考えることに時間を使いすぎ、切羽詰ってから行動したのでは、やはり良い結果を出すのはむずかしいものです。

2

それならば、「頑張り方を変えてみましょう」というのが本書の提案です。

キーワードは「どんどん決めて、どんどん動け !」。

あれこれ考える前に、「前倒し」で「即断即決、即実行」を行うのです。

具体的には、6~7割のできの計画で、まずは走り出し、実行しながら完成度を高めていけば良いのです。

2

不断の下準備がモノを言いますが、そこにこそ本当の頑張り方があります。これまでの根性論や体力勝負一辺倒から卒業して、客観的にきちんとした成果を出して、その結果や中身で勝負するための頑張り方を身につけるのです。

シンプルな考えですから、だれもが採り入れられます。

ただし、シンプルなだけに実際にやりきれるかが勝負の分かれ目です。そこで、デッドライン(締切)の仕組みを持ち込み、必ず最後までやりきる意識を持ち、完了するまでチェックしていくことが重要になります。

16

優れた工場部門を擁しながら、これほどに労働生産性が低いとされているのはなぜでしょうか。それは、いわゆるホワイトカラーの部分が足を引っ張っているのです。

18-19

つまり、会社は会社としての目標を達成するために社員個人に情報と目標と裁量を与え、社員はその与えられた目標を達成するための義務と責任を負うという、とてもシンプルな関係です。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up