ホーム > 読んだ >

DOSの系譜を辿る

書誌

author大渕栄作
publisher技術評論社
year『Software Design 1998.6』p.100-107

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2001.4.10読了
2001.4.11公開
2001.4.28修正

「DOS 再発見」という特集記事の中で DOS の歴史を扱った部分の要約。記事としてはほかに DR-DOS の日本語化、DOS のネットワーク利用などが取り上げられているが、さすがにコンソールで使うなら Linux の方がシェルだけとってみても上だし、単純用途なら 95/98 の起動ディスクをカスタマイズすればよい話なので、ここでは Wintel 時代の礎となった DOS という OS の歴史だけ取り上げる。同様に、記事では IBM PC の誕生からを扱っているが、この辺も 『コンピュータ帝国の興亡』 の方が詳しいので割愛する。ちょうど Me や 2000 で DOS 切りが現実になってきているので、タイミング的にもちょうどよかろう :-)

# もちろん、私は「DOS/V」でコンピュータ(パソコン)を知った人間ですが、
# 世の中にはもっとすごい人がいくらでもいますから...

抄録

Microsoft の開発した DOS には MS の MS-DOS (MicroSoft Disk Operating System) と IBM の PC-DOS (IBM Personal Computer Disk Operating System) というふたつがあり、前者は MS が OEM 用に開発し、後者は IBM が MS から権利を得て自社 PC のためにアレンジしたものという位置付けだった。

Version 1.x

Version 1.0 は IBM PC とともに 1981.8 に産声を上げた。OS としては 64KB のメモリのうち 12KB を使い、CP/M との互換性、5インチ 160KB FD(1D) のサポートといった機能を持ち、約 4000 行のアセンブラで書かれていた。構成プログラムは ibmbio.com (ディスクと文字の入出力システム)、ibmdos.com (ディスクとファイルのマネージャ)、command.com (コマンド・インタプリタ) の 3 つだった。CP/M との違いは豊富なファイル情報、優れたディスク割り当てアルゴリズム、軽快な動作、バッチファイルのサポートなどで、82 年の Version 1.25 で初めて広く OEM されるようになった。(この頃までに 5 インチ 320KB FD(2D)もサポートされた。

Version 2.x

全文を読まれる場合はログインしてください


Up