ホーム > 読んだ >

越境者たち (全2冊)

書誌

author森巣博
publisher集英社文庫
year2005
price629+tax (上巻)
isbn4-08-747799-1

履歴

editor唯野
2006.5.31読了
2010.6.16公開
2010.6.16修正

森巣博の賭博小説を読んでしまうと「カイジ」なんて、本当に子供だましというか、お子様の遊びというか、そんな感じがする。何よりも底の深さが違う。そして、その差は今の世の中の仕組みに対する批判にもつながっていく点で更に広がっている。殿山泰司っぽいというか、日本のサヨクにはできない芸当というか、とにかく完成度が高い。初期の賭博小説は必見といっていいと思う。

抄録(上巻)

13

ここで、怒涛の必殺軍団(石原慎太郎とアメリカの賭博王ザ・ドナルドのこと:唯野注)が立ち向かうものとは、日本の権力構造そのものだからだ。永田町と霞が関の利権の仕組みをすべて敵に回してしまう。

二パーセント前後の「控除率」をもつゲーム賭博が公明正大に楽しめる時、いったい誰が、(レース系のごとく)二十五パーセントの「控除率」を持つ賭博に手を出すのだろうか ? 宝くじなどは、五十三・九パーセントである。-/-

14/14-15

既に利権の縄張り(しま)割りが官庁(およびそれにぶら下がる族議員たち)ごとに確定している。競馬は農林水産省、競輪は経済産業省、競艇は国土交通省、宝くじは財務省および総務省といった具合に。

たとえば、競馬であれば、農水省が中央競馬会に元次官を理事長として送り込む。また主要各ポストを農水省OBで固める。これ自体は、四年ごとに一人につき退職金数千万円で天下りを回転させればいいだけで、とてつもない旨味があるわけではないのだが、日本のキャリア官僚とは、それほどバカではなかった。伊達に東京大学法学部を優秀な成績でご卒業あそばされたのでない。

中央競馬会関連の下請け会社を無数に創設する。ついでに孫請け会社、曾孫請け会社まで、おっ立てる。競馬場の場内管理から、競走馬用飼料納入業者まで。これが、いわゆる「民間」企業だ。晴れて私利私欲の追求が許される法人だった。

競争原理を否定されたところの市場(!!)に存在が許された私企業というのは、とてつもなく美味なのだ。そしてまた同時に、際限なく堕落し腐敗する。

16-17

このような邪悪、不条理、理不尽、出鱈目、無茶苦茶が、昼日中からなぜ大手を振ってまかり通るのか ? 答えは平板にして明快である。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up