ホーム > 読んだ >

選ばれる人になる34の習慣
チャンスをものにする人は何をやっているのか

書誌

author門田由貴子
publisherダイヤモンド社
year2011
price1429+tax
isbn978-4-478-01148-5

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2013.2.18読了
2016.8.30公開

どうもサクッと読める本は残るものも少ない気がする...

抄録

iv cf.vi

研修やセミナー、そしてキャリアカウンセリングの場で、私がよく言うセリフがあります。それは、「人生は、毎日がオーディション」

でも実際には、どのような企業でも、経営者は常に「明日のスター社員」を求めて、社内でオーディションを開催しています

ix

-/-こういう経験を通じてわかったことは、社会人としての成長に必要なのは、小さな努力と工夫の積み重ねです

地味なことでも継続して取り組んでいく。それが、基礎能力として蓄えられ、大きなチャンスを引き寄せ、いざというときに人生を動かす瞬発力に変わるのです

7

夢や目標を持っていても、ただうっとりと夢見ているだけでは何一つ手に入れることはできません。思うだけ、願うだけでは、現実は何も変わりません。本当にそれを手に入れたい、実現させたいと願うのなら、いますぐ行動を起こして、自分の運命の道を切り開きにいくべきです

11/12 cf.115

「車内から毎日のように企画や案件が上がってくるなかで、それを見て採用するか却下するかを決めるポイントは何ですか ?」

この質問に対しては、銀行の頭取、大手総合商社の幹部、製造業のオーナー経営者など複数の人から、まったく同じ答えが返ってきました。

それが、「人で判断する」という答えです。

つまり、多くの経営トップは、企画書に書いてある内容よりも先に、「起案者は誰で、どういう人物か」を見て、ほとんど瞬間的に判断している、というわけです。

「では、その起案者が未知の人物の場合は、どのように判断されますか ? -/-

「その場合は、その人のノビシロを見ます」

全文を読まれる場合はログインしてください


Up