ホーム > 読んだ >

一生太らない体のつくり方

書誌

author石井直方
publisherエクスナレッジ
year2008
price1400+tax
isbn978-4-7678-0513-9

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
?読了
2016.10.12公開

スロトレで有名な人の本で、実際のエクササイズというよりはスロトレの背景にある理論的な部分を解説した本。ダイエットを効果的に行なうためにはどういう前提が重要なのか、ということに話題を扱っており、その意味ではためになる本だと思う。

やみくもに運動するよりは(それでもやらないよりはやった方がはるかにいいでしょうけど)、少しでもこういう知識も生かしながらやった方がいいとは思うので、ダイエット中の人にこそおすすめといえる。ただ、個人的には『Health Hacks』の方が役に立つように感じた。

抄録

8

肝心なのはこの先――。絶対に間違えていただいては困るのは、ダイエットに「特効薬」はない、ということなのです。「特効薬」を求めるからこそ、明らかに間違った手法に惹かれたりするのです。-/-

9-10 cf.63

また、いくらダイエットに効果的な運動方法でも、だれもが同じようにやればいいというものでもありません。「あなたには、あなたにふさわしい運動メニュー」があり、それを自分で把握し、実行するしかないのです。-/-

ただ、特効薬はないのですが、効率のよい方法はあります。

22

人間は、四〇歳を過ぎたあたりから、目立って「代謝」が落ちていきます。代謝が落ちるということは、エネルギーの消費量が落ちるということを意味します。その結果、「エネルギーが体内に蓄えられる」、すなわち、脂肪として体内にたまってしまうということになるのです。これが体脂肪の正体です。

23

脂肪を落とす「戦略」としては、「摂取エネルギーに対し、消費エネルギーを大きくする」ということしかありません。

29

メタボリックシンドロームの診断基準。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up