ホーム > 読んだ >

歩を金にする法

書誌

author升田幸三
publisher小学館文庫
year2002
price495+tax
isbn4-09-403036-0

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2008.09.17読了
2011.07.04公開

将棋の世界では有名な人の本。こうやって読んでみると割と得心するところが多い。「将棋も人生も変化があるからおもしろい。変化のないものに妙味はない。」(p60)など、言い得て妙であると思う。一芸に秀でるとやはり定見が得られると同時に、その言葉にも説得力が生まれるということであろうか。

抄録

10

ひのきの細びきナワは、まっすぐにのびていると、普通のものと同じ強さを持っているが、ちょっとねじれると切れやすくなるのが特徴。つまりウが水中にもぐりこんだ際、そこにどんな障害物があるかもしれぬ。もしそれにナワをまきつけても、ひのきナワなら数回バタバタやればナワはブッツリきれて、ウは自分の力で無事に水の上に帰ることができ、これがウで魚をとる心の要ですと、そのウ匠は声を強めた。

11/12

歩は数が多いから軽んぜられやすいが、数が多いだけに、歩で勝負がきまるときがいちばん多い。

会社や商店経営のハシバシにも、最高首脳の個性が出ていなければならんと思う。それでなければ意味がない。これは相当の力を持たねばできぬことでもある。

歩の使い方の上手下手で、その人の力がわかる。僕らはそこだけを見る。歩を立派に使いこなす人が、すぐれた実力者であり、高段者である。

15-16

殺してはいけない。殺さずに生かして使わないといけない。将棋の駒では、長所を伸ばすということが眼目だ。長所を生かしてやることによって、短所が補われるのだ。駒はみんなおのおの性格がある。

17 cf.19

駒の長所を発揮さすには、局部的に見ていてはできない。全般的に、大局的に見て、はじめてそれができる。長所を発揮するということは、その駒単独では、ほとんど成りたたないことなのである。

20

駒を遊ばせるのはいちばんいけないが、動いてさえいれば、働いているような錯覚を起こすこともある。効いていないといけない。動きまわって、形をくずすと、えらいことになる。

じっとしているほうが、効いていることがある。-/-

全文を読まれる場合はログインしてください


Up