ホーム > 読んだ >

人間、この劇的なるもの

書誌

author福田恆存
publisher中公文庫
year1975
price220
isbn1195-611107-4622

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
?.6.8読了
2016.10.5公開

私が福田恒存に関心を持ったきっかけは、ここで読書ノートとしても紹介しているロレンスの『現代人は愛しうるか』の訳者としてである。そのため著者の名前は知っていても、そういうきっかけがなければ著書を読むこともなかったのではないかと思う。とはいえ予期できていたことではあるが、主張されているのは『現代人は愛しうるか』で自身が述べていたことと近い、私小説や自由への批判が主である。それを劇作家としての自身にとっての演劇にも絡めながら論じている。

私自身は本書で批判されているような自由論を欠陥があったとしても、個人に選択を許容できる社会の方がメリットが大きいので擁護すべきだと考えるが、こうやって読んで比べてみると戦後の保守思想家はまだかわいい。昨今の過激すぎる人たちというのは、こういう先哲から何を学んでいるのだろうか。

抄録

7

死は、最初から、いや、それがやってくるずっとまえから、私たちはそれにたいして用意することができる。出生においてはたんなる物体にすぎず、その端役さへ務められなかった私たちも、死にさいしては、瞬間、主役になりうるのである。芝居がかった人間なら、深刻な、あるいは軽妙なせりふの一つも吐くことができよう。-/-

10/11 cf.13

一口にいえば、現実はままならぬということだ。私たちは私たちの生活のあるじたりえない。現実の生活では、主役を演じることができぬ。いや、誰もが主役を欲しているとはかぎらぬし、誰もがその能力に恵まれているともかぎらぬ。生きる喜びとは主役を演じることを意味しはしない。端役でも、それが役であればいい、なにかの役割を演じること、それが、この現実の人生では許されないのだ。

私たちの社会生活が複雑になればなるほど、私たちは自分で自分の役を選びとることができない。また、それを最後まで演じきって、去って行くこともできない。私たちの行為は、すべて断片で終る。たえず、一つの断片から他の断片へと移っていく。その転位は必然的な発展ではない。たんなる中絶である。未来はただ現在を中断するためにだけやってくるのだ。現在が中断されることによってしか未来は起りえず、未来とはたんに現在の中断しか意味しないのである。が、私たちは、現在の中断でしかない未来を欲してはいない。そんなものは未来ではないからだ。私たちの欲する未来は、現在の完全燃焼であり、それによる現在の消滅であり、さらに、その消滅によって、新しき現在に脱出することである。私たちのまえには、つねに現在しかない??そういう形で、私たちは未来を受けとりたい。中断された現在のあとに、真の未来があろうはずはない。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up