ホーム > 読んだ >

現代読書法

書誌

author田中菊雄
publisher講談社学術文庫
year1987
price680+tax
isbn4-06-158775-7

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
?.8.8読了
2010.6.30公開
2010.7.3修正
2012.1.7修正
2013.4.11修正

岩波英和辞典の編者として有名な人の本。まさしく読書本の真打ちのひとつといってよく、読書について記した本はそれこそ枚挙に暇のないほどであるが、後世にも確実に残るのではないかといえる一冊である。内容は多岐に渡り、もちろんコンピュータのある現在ではもっと便利に済ませられる点もある。しかし、読書を自ら学ぶ人のための友とみなす書物への愛情で全編が貫かれている(例えば、抄録の p29-30 を見よ)。私がこの本を読んだのはかなり昔になるが、今回読書ノート化するに際して摘読してみても、自分自身の読書・本との関係において大きな影響を受けた一冊であることは間違いない。

凡百の読書本に目を通している時間があるのであれば、ぜひ本書を読んでみて欲しい。正直にいって私自身も本好きの端くれとして読書論は本書に限らず読んでいるが、これを超える本には出会っていない。というのも、今日では大学で教わるレベルの知識であれば書物からでも十分に学ぶことができる。本当に重要なのは、自学の志と問題意識と不断の向上心なのであって、これは学生であろうと社会人であろうと違いはない。

本書はそのことを著者自身の経験・生き方を通じて教えてくれる。英和辞典を月賦購入し、おかずにタクワンのみで一年を過ごしたという有名な挿話(p215-216)に胸を打たれない読書子はいないはずである。また、そのような書物との出会いを持てた人は幸せであると私は信ずる。

抄録

16

ところで書籍にはまた今一つ見逃し難い徳がある。それはすなわち人類の過去の全精神全精華が書中にあるとともに、また人類の現在が、当代における地霊人傑の活発(旧字:唯野注)々地の活躍が、思索が、意見が、時代精神の現前の動きが、展開が、実の書籍の中に存するということである。輓近(ばんきん)における印刷術の長足の進歩と、通信交通機関の驚天動地の発達と、教育の普及がこれを可能ならしめたのである。われらはただに「故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る」のみに止らず、「新しきを覓(もと)めて新を知り、今日を究めて明日を卜す」べき境地に到達しているのである。

27

安倍能成氏がその「読書論」の中で、

書を読め、書に読まれるな、とは我々の絶えずきかされる戒告であるが、書中の世界にはいってゆくには、いつも固く甲(よろい)を着けていてはならない。むしろ読まれる時には読まれ、まいる時にはまいり、酔うには酔った方がよい。まず書物を全身全霊に受けて普(あまね)くその浸透を受けるということも、読書を以て我々の血となし、肉となすには必要なことであろう。書物に征服されているのにそれを支配しているような顔をしても駄目である。最初に身振(ゼスチュア)を定めないで相手の動かす所に任せ、さてその後に起き直る方が遥かに有効である。

と言われた言葉は、私たちの当にとるべき読書の態度を教えられたいみじき活指針であると思う。

29-30

全文を読まれる場合はログインしてください


Up