ホーム > 読んだ >

計算の迷宮23
Hacker 不是 Cracker
?ハッカーはクラッカーじゃない?

書誌

author電脳雑技団
publisher共立出版
year『bit 1997.2』p.13-19

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2001.7.16読了
2001.7.17公開
2001.7.18修正
2010.2.28修正

今更という感がないわけでもないが、雑誌記事を整理していたら、こんなものが出てきた。コンピュータの世界にあって最も誤解されている言葉のひとつが「ハッカー」といってよいだろうが、読み返してみてもなかなか手際よくまとめられているので要約しておく。

抄録

ハッカーの定義においてまず参照せねばならないといえるのが「The New Hacker's Dictionary」である。(これのオンライン版が「Jargon File」となる。邦訳は『ハッカーズ大辞典』。)また、RFC1983 にもハッカーの定義がある。以下にそれぞれでの定義を引用する。

hacker [もともとは、斧で家具を作成する人] n. 1. プログラム可能なシステムの細かい部分を探ったり、その機能を拡張する方法を探究したりするのに喜びを感じる人。必要最小限のことしか勉強したがらない大半のユーザとは対象的(ママ)。2. 熱中して(さらには取りつかれたように)プログラミングする人、またはプログラミングを単に理論化するのではなく、プログラミングを楽しむ人 3. ハック価値(hack value)を評価できる人 4. 手速くプログラミングするのが得意な人 5. ある特定のプログラムのエキスパート、または頻繁にそれを使って仕事をする人。たとえば 'a UNIX hacker'「UNIX ハッカー」(語義 1-5 は相互に関連しており、これらにあてはまる人は集団をなす) 6. あらゆる種類のエキスパートまたは熱狂的なファン。たとえば天文ハッカーなどと言う 7. 創意工夫を発揮して制約を打破したり回避したりするという知的な難問を楽しむ人 8.[誤用] あちらこちら調べ回って機密情報を探り出そうとする悪意の詮索好き。このことからパスワードハッカー(password hacker)、ネットワークハッカー(network hacker)などと言われる。正しい用語はクラッカー(cracker)。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up