ホーム > 読んだ >

増補
ハナコ月記

書誌

author吉田秋生
publisherちくま文庫
year1996
price660
isbn480-03212-6

目次

1感想

履歴

editor唯野
1999 ?読了
2000.5.21公開
2002.11.28修正

吉田秋生という人はとにかく『吉祥天女』がすばらしいのでおすすめですが(例によって発掘されたら紹介したいと思います ^^;;)、他の本でも『カルフォルニア物語』や『BANANA FISH』も十分におもしろい外れの少ない人です。かくいう本書は雑誌「Hanako」に連載されたものを増補して文庫化したものです。雑誌の性格を反映してか、ネタは「オトコごころ、オンナごころ」を扱ったものが大半を占めており、生活観のある描写なんかもうまくて参ってしまいます。

おまけに、本書はその解説を書いているのが糸井重里なのですが、なかなかドキッとさせられるようなことを書いています。つまり、オンナごころなるものについて、「正解を出せないで、不正解にされてしまうことも知らずに、まじめに解答をするような「青い人」たちが『ハナコ月記』を読んでたりする」と。なるほど、確かにそうかもしれないなぁ、と自分を省みて私も思ったのでした。そう。疑問形でないことに意味があるというか、そういうこと自体が野暮になってしまうような問い、というもの。それを学ぶために本書はあるのかもしれません??などと書いてちゃ駄目ということです :-P

Up