ホーム > 読んだ >

プログラマ必見
ハードウェア入門

書誌

author太田純
publisherソフトバンク
year『Cマガジン 2001.5』p.12-27

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2001.7.23読了
2001.7.23公開
2002.11.28修正

自分に欠けていた部分ともいえる PC を構成するハードウェアについて扱った記事。私も PC の自作などはしているが、肝心のメモリが例えばどんな仕組みになっているかなどには無頓着で、あまり詳しい知識を持ち合わせていなかったため、とてもためになった。知識がないため、記事中の内容を本当にそのまま要約しただけともいえる内容になってしまっているが、これは単純に自分の能力不足である。自分なりのより深い知識を得られるようにしたいと思う。

抄録

現代の計算機のほとんどはノイマン(John von Neumann)が提唱したプログラム内蔵式計算機の原理に基づいている。これはプログラムを計算機内部の一連の命令の列として表現し順に実行していくもので、この方法によりあらゆる計算処理の可能なことがチューリング(Alan Mathion Turing)によるチューリング・マシンで証明されている。現代の計算機には様々な種類があるが、ハードウェア構成の基礎となるモデルはほぼ同じであり以下の要素が挙げられる。

中央処理装置(CPU)演算装置(命令の実行)と制御装置(周辺装置とをつないで計算機全体を管理)
主記憶装置(メモリ)CPU の実行する命令やデータを記憶する、現状では半導体メモリが一般的
補助記憶装置主記憶に収まりきらないデータを格納したり、永続的な保存を行うのに使う、ハードディスクなど
入力装置計算のためのデータや指示を送る、キーボードやマウスなど
出力装置計算結果を外へ送り出すもの、ディスプレイやプリンタなど

CPU

全文を読まれる場合はログインしてください


Up