ホーム > 読んだ >

変 !!

書誌

author中島らも
publisher双葉文庫
year1995
price500
isbn575-71063-6

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
?読了
2004.4.11公開
2004.6.16修正

まあ著者のらしさといえばらしさの出ているエッセイ集。恐らく学生の頃に読んだままと思われ、読了がいつなのかさえ不明な本である。まあ、こんなものも含めて、今では読んだきり読書ノート化されていない本だけでも本棚の一角を占めるほどになってしまった。何とかせねばとは常々思っているのだが...

抄録

98-100

特定の民族をだしにしたいわゆるアパルトヘイト・ギャグについて。例えば以下が紹介されている。いずれも有名だが、ユダヤ人はがめつい、スコットランド人はケチというようにお決まりの傾向がある。

 場所はソヴィエトの強制収容所である。
「なんで、ここにいるんだい ?」
「一九三九年に同志ポポフの悪口をいったからさ。君は ?」
「ぼくは一九四三年に同志ポポフをほめたからだよ」
ふたりはもう一人の囚人に問いかけた。
「きみは ?」
「私はポポフだ」

「いいニュースと悪いニュースがある」

「いいニュースから聞かせてくれ」
「ヒットラーが死んだそうだ」
「ひゃっほう。で、悪いニュースというのは ?」
「それが誤報だったのさ」

「あるロシア人が??フルシチョフはバカだ ! フルシチョフはバカだ !?≠ニわめいてクレムリン宮殿の前を通り抜けようとした。その男は捕えられて、二十三年の禁固刑に処せられた。三年は党書記長に対する侮辱罪であり、二十年は国家機密漏洩罪であった」

それでは日本人はというと...いうまでもないか。

106

子供というのは、よおく見ているとわかるけれど、酔っ払いに似ている。

物の道理が通用しない。わがままである、何度言ってもわからない、放っておくと何をするやらわからない。その辺が酔っ払いにそっくりだ。

198

何にも悪いことをしていないのにいじめられる、というのは人間の世界にこそ多いことであって、妖怪云々はそれをイマジネーションの世界に仮託したにすぎない。

「いじめの構造」が取りざたされだしてからずいぶんになるが、面白いのは社会正義をふりかざして取材してくるマスコミに対して、当の「いじめっ子」たちは「あいつはいじめられる理由があるからいじめたんだ」と居直ってみせるところである。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up