ホーム > 読んだ >

サービス開始直前! 第3世代携帯電話
「IMT-2000」の全貌
アイエムティーニセンノゼンボウ

書誌

author高槻芳, 杉山泰一
publisher日経BP社
year『日経コミュニケーション 2001.4.2』p.90-113

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2001.4.19読了
2001.4.20公開
2002.11.28修正

こういう通信系の情報の速報性では評価できる雑誌である日経コミュニケーションの記事より。今年に入ってからは、この雑誌に限らず IMT-2000 も大きく取り上げられるようになっているが、いずれにしても現段階では実際のサービスが開始されていないため、あくまでも予想の範疇ということになる。(第一、本格的なサービス開始も延期が伝えられたばかり。)そのため、この記事に関しては、他の参考文献や実際のサービス開始時の内容なども含めて補う必要があるだろう。

追記

というわけで内容の一部を『NTT DoCoMo テクニカルジャーナル』の「IMT2000 特集」で補いました。本家の情報なので最も信用できると思います。また、この特集記事中の 「技術概要」 を別の読書ノートとしてまとめました。(2001.7.13)

抄録

第 3 世代(3G)の携帯電話となる「IMT-2000」が、世界に先駆け日本で NTT ドコモにより FOMA (Freedom of mobile multimedia access) の名称で実用化される。第 1 世代のアナログ方式、第 2 世代のデジタル方式に比べ、圧倒的に高速なデータ通信の可能な点が大きな特徴で、これにより多彩なサービスへの応用が期待されている。例えば、UIM (User Identity Module) による一契約での複数端末への使い分け、電子決済、動画再生などが挙げられる。

サービス第 1 世代(アナログ : 1979-)第 2 世代(デジタル : 1993-)第 3 世代(IMT-2000 : 2001-)
実現方式NTT アナログ、TACSPDC、cdmaOneW-CDMA、cdma2000
周波数帯800MHz 帯1.5GHz帯(現在では800Mhz 帯を含む)2GHz 帯
用途とエリア国内通話国内通話(簡単なデータ通信)世界通話(多様なデータ通信)

# 日本では 2000 年 3 月に携帯電話加入者数が固定電話加入者数を上回った

一方、IMT-2000 そのものとしては ITU による国際規格であるのが特徴で、標準化(3GPP)に伴うサービスの汎用化が期待されている。元々は西暦 2000 年頃に周波数帯 2000 MHz、最大伝送速度 2000Kbps を共通項として、国際ローミング、モバイルマルチメディア、パーソナルサービス(移動体端末の多様化)の実現を目指していた。しかし、実際には複数の方式が存在する結果となったため、当初の目標だった規格の統一は達成されていない。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up

ITU 勧告名規格名概要
白洲正子〝ほんもの〟の生活
2018-12-16 21:35:49
仕事が早くなるプロの整理術
2018-12-16 21:35:44
minimalism DesignSource
2018-12-16 21:35:38
お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015
2018-12-09 15:06:18
箴言集 #7
2018-12-09 15:06:12
天皇、FDR(ルーズウェルト)、マッカーサー
2018-12-09 15:06:08
資産防衛マニュアル
2018-12-09 15:06:00
天皇、FDR(ルーズウェルト)、マッカーサー
2018-12-03 13:13:15
資産防衛マニュアル
2018-11-24 22:33:16
資産防衛マニュアル
2018-11-24 22:22:46
RSS 1.0
アカウント
name
pass

読書ノートの全文を読むにはログインが必要です。

プロフィール

壁の標識には、”邪悪になりきれない魔術士タダノの事務所”