ホーム > 読んだ >

Inside Cygwin
インサイド シグウィン

書誌

tagUNIX
author藤枝和宏
publisherアスキー
year『UNIX MAGAZINE 2000.12-2001.6』

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2000-2001読了
2001.3.15公開
2002.10.31修正
2012.1.17タグ追加

ユニマガでやっている Cygwin の連載記事をまとめたもの。(記事は現在も連載中なので、適時、内容は更新する予定。)もちろん、私自身にとって意味のある部分だけを抜き出しているので、内容的には偏りがあるが、類似の記事がないだけに、大変参考になっている。

抄録

1 Cygwin のインストール (2000.12/p.74-81)

仕様だけでなく、なぜそういう仕様になっているのかの説明まで。

インストールまで

Cygwin は Beta 20.1 まで単体の exe ファイルひとつで配布されていたが、ダウンロード時のファイル破損などを避けるため、バージョン 1.1 よりパッケージごとの tar.gz で配布されるようになった。パッケージは特にバージョン管理されておらず、国内では主に Ring Server などで FTP 配布されている。latest ディレクトリに Cygwin 開発チームがサポートするパッケージ、contrib ディレクトリにサポートのされないパッケージが格納されている。

パッケージの tar.gz に対してはシンボリックリンクを処理するために Cygwin の tar を使う必要がある。そのための gzip、tar、cygwin1.dll をまとめた bootstrap.zip もあるが、現在ではインストーラ(setup.exe)を使えばよい。そして、インストール時には NT/2000 であれば Administrator 権限で行い、ウイルスチェッカの検索を止めるなどしておくようにする。但し、ファイルのダウンロードをインストール時に行う場合、ダウンロードの失敗に対するレジューム機能はないので、事前にファイルを FTP でダウンロードしてから Install From Local Directory を選択する方がよい。また、インストール先ディレクトリが空白を含むことなどは避けるようにする。Default Text File Type はバイナリ(Unix)で特に問題ない。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up