ホーム > 読んだ >

大都会隠居術

書誌

author荒俣宏(編)
publisher光文社文庫
year1996
price680
isbn4-334-72320-9

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2007.09.21読了
2011.11.20公開

まずいっておくと本書は序文が秀逸である。「隠居」という言葉をネガティブにではなくポジティブにとらえた説明がされている。その上で、そのための教則本(?)とすべく、その後に過去の文人たちの著作を列記する??という体裁になっている。正直なところ、私には早過ぎる本だと思ったが、読み応えは十分あった。人生を終わりから逆算して考えるというのも、ひとつの生き方、見方には相違あるまい。

抄録

13

老人になるとは、要するに心朽ちることであります。

世のありさまの裏おもてをすべて知りつくし、もはやいかなる対象に対しても青春の活きいきとした夢を託さぬことであります。現世のあらゆる部分で実行されている厳密なルールをもった人生ゲームから、あっさり降りてしまうことであります。

そして、

そのあとにようやく心静かな自由が訪れる。生きながら死んでいることの喜ばしさよ。まるで、浮世のわずらいから解き放たれた幸福な魂のように。

13-14

いやそれどころか、わが日本では、自らすすんで心朽ちた老いの境地に至るための習俗があったのであります。何を隠そう、これすなわち、

隠居

であります。

隠居なることばの意味は、伝統的には、家督を子孫に譲って自ら第一線をしりぞくことと解されるようであります。世に隠れて暮らすのですから、社会的には、文字どおり「生きている死者」となるわけです。しかし封建社会にあっては、むしろ、老境に達したから身を引くというのではなく、次世代の成長をもって自らは現世を脱し、「次の人生」にはいることを意味していたのです。つまり、「定年」による隠居ではなく、あとの憂いがなくなったところで次の人生にチャレンジしていく、というような積極的姿勢に立つ引退であります。その意味では、かつての隠居は、子育てが終わり、さてこれからが人生本番と、キラキラ輝いている中年婦人たちの姿に近かったわけであります。換言すれば、社会生活を営むよりも上に、もう一つ別の「生きざま」があったことになります。中国風にいえば、仙人になる道、企業でいえば、相談役か顧問、アカデミズムでいえば名誉教授。名称は何でもよろしいが、隠居は文字どおり解放を意味していたのです。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up