ホーム > 読んだ >

JAMJAM 日記

書誌

author殿山泰司
publisherちくま文庫
year1996
price620
isbn480-03155-3

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
1997-98読了
1998.11.8公開
1999.10.30修正

『三文役者あなあきい伝』の著者、殿山泰司のとてもとてもおもしろい本である。独特の殿山節ともいえる自由奔放でありながらどこか憎めない文章をここでも堪能することができる。

抄録

11

-/-しかしオレは途中下車で放り出してあった本を、いつの日にか引っぱり出して読み、こんな面白いものをなんでもっと早く読まなかったのかと、くやしいクヤシイとダブルの後悔をすることもしばしばである。読書というものは難しいもんだ。この難しさも読書の妙味であろうか。余計なことを心配するなッてんだ。一番いいことは本なんか読まねえことだぜ。

全く、その通り !!

83

-/-電気館跡のロック・スクエアというのは、キレイすぎてオレはがっかりした。敗戦直後の闇市みたいに汚くゴチャゴチャすべきではなかったのか。こんな広場ならニッポン全国どこにでもある。同じようなものばかり作るなッてんだ。バカヤロ!!-/-

121

-/-フーン自衛隊ね。オレは自衛隊なんか不要だと考えている人間のヒトリだけどね。兵器を持つことはタンカンにいえば戦争放棄とつながらないよ。その国に住む人間が、その国が守るに値する国だと信じれば、武器なんかなくても守れるものだとオレは信じてるんだけどね。ちがいますかね ? 国家なんかどうでもいいと思っているのに、こんな発言をするのはオカシイな、ヒヒヒヒ。

190

-/-きのう偶然にオレが大学ノートに書いてあった昭和30年の日記を見たら、インフレや物価高のことをフンガイして書いてありました。フンガイしたのは若かったからであります。今はフンガイなんかしておりません。そのかわり殺したいと思う奴がヤマほどおります。あの頃はヒトを殺したいなどとはツユほども思いませんでした。正直にモノをいってはイケナイこともよく知っております。クククク!! それにしても資本主義社会というもんはチイとも変わらんもんやね、オメデトウ!!

234 山下洋輔の解説より

全文を読まれる場合はログインしてください


Up