ホーム > 読んだ >

JBuilder サーブレット開発

書誌

tagJava
author古川正寿
publisherソフトバンク
year2001
price3,200+tax
isbn7973-1637-3

履歴

editor唯野
2005.3.27読了
2005.4.2公開
2005.8.20修正
2012.1.17タグ追加

内容的には JBuilder5 の頃を扱った同ツールを用いて Servlet/JSP の作成を行う本。抄録の方は適時、内容を JBuilder X で置き換えている。Servlet/JSP そのものを学ぶのであれば、やはり『コア・サーブレット & JSP』の方が包括的だとは思うが、本書は逆にいえば実際的であり、特に Servlet/JSP/JavaBean を MVC に対応させて、そのシステム構成を具体的にサンプルとして明示している点で評価できる。

というのも、結局のところ Servlet/JSP も Java である以上、OOP 的に設計されていなければ意味がないし効率的でもなくなるためである。とはいえ、本書は Java の入門書ではないし、Servlet/JSP のネタを扱っているわけでもないので、Java そのものや JavaScript、SQL などに関しての基礎知識は前提条件であり、書名の内容以上でもなければ以下でもない作りとなっている。

そんなわけで、読者を選ぶ傾向のある本だとは思うが、構成を含めて内容は悪くなく、ニーズにあった人であれば意義のある一冊といってよいように思う。

抄録

14

プロジェクトウィザードで付けたプロジェクト名が Java のパッケージ名となる。

22-23

サーブレットウィザードで [単一スレッドモデル] をチェックすると SingleThreadModel インタフェースが実装され、サーブレットコンテナはスレッドをひとつしか生成しなくなる。また、サーブレットの種類のフィルターサーブレット、リスナーサーブレットは Servlet 2.3、JSP 1.2 をサポートするサーブレットコンテナ(Tomcat なら 4.0)で有効となる。

31

JSP ウィザードでタグライブラリとして [InternetBeans Express] をチェックすると、InternetBeansExpress コンポーネントの使用が宣言される。

44/46

サーブレット/JSP を作成したら、プロジェクトペインの該当ファイルを右クリックし、Web 実行させるだけで Tomcat が起動して結果の HTML が表示される。Tomcat の終了/再起動は左下の赤と緑のボタンで行うことができる。(JBuilder をインストールすると Tomcat もインストールされているということ。)

49

JBuilder で作成したモジュール類は、プロジェクトペインの配布ディスクリプタ内にある WEB-INF\web.xml が Tomcat の設定ファイルとなり、モジュールディレクトリ以下が Tomacat から見たドキュメントルートとなる。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up