ホーム > 読んだ >

ドキュメント
家族

書誌

author鎌田慧
publisherちくま文庫
year1994
price720
isbn480-02864-1

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
1999.10.2x読了
1999.11.14公開
2002.11.24修正

鎌田慧が追う 80 年代の家族・家庭の姿のドキュメント。私は著者の最も一貫した視点というものを「資本主義的発想のそれ以外の場面への広がり」と考えているので、本書でのテーマは、それの「家庭への広がり」に対する考察ということができるように思う。即ち、過労死、単身赴任、豊かな主婦、帰国子女、老人介護、子供とファミコンなどである。家庭・家族の姿も確実に変化をしつつある現在、その変化を「悪」としてだけ捉えても意味はない。しかしながら、そこでの変化をまずは冷徹に見つめられないことには、家族問題というものを正面から捉えることも難しいように思う。

抄録

8/13/21

管理職がいなくても日常業務には支障が出ないという現実。一方での、そのための競争の激化。そして、大企業は大企業でしか食っていけない人間を作り出してきた。

17/26

日本企業の家族主義は、日露戦争後の大暴動の余波に負うところが大きい。しかしながら、修身雇用制と年功序列を捨てながら、企業内組合は捨てない昨今の日本企業。

36/49

単身赴任がもたらす夫と妻のディスコミュニケーションという問題。しかしながら、夫の側はそれが表面化して初めてそれに気付く。新幹線が可能にした「金帰月来」というつながり。

59/68

夫が転勤という場合には、できるだけ家族も一緒に行くというようにした方がよい。単身赴任は母子密着型の家庭をもたらしやすい。

81/84

女性のアルコール中毒の原因は離婚や別居にあるのではない。それは結果に過ぎず、原因は別のところにある。飲んでもおいしくはないが、飲まずにいられないという傾向。そして、夫が支配的であればあるほど、それ以外のものを求めるという事象。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up