ホーム > 読んだ >

現代人の読書術

書誌

author紀田順一郎
publisher毎日新聞社
year1972
price550
isbn500151-Y

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
1998.7.1x読了
1998.7.18公開
2002.4.9修正

紀田順一郎が若者を対象者として書いた読書案内の書。ただ、刊年を見れば分かるように、本書はまさに「教養」が崩壊しようとした70年代初頭のものであり、いうなれば文庫本が古典の収録という使命をまだ一応は果たしていた時期のものである。ゆえに、この本を今日の読書離れ云々に結び付けてそこからの回復のための方便として論じることには意味がない。むしろ、本書において注目すべきは、読書の本質を突いた「書物とはどう接するべきか」の確かさと、それに対する十分な手応えを与えてくれる部分だというべきだからである。

抄録

10-11 本との出会い

現象というものはくりかえし起こる。だが、私たちがそれにふれるには一つの機会が必要だし、それを意味のあるものとしてとりこむには、ある必然的なものがなければならない。あらゆる体験は一回限りのものであり、それゆえにこそ貴重である。人と人の関係にして然り、人と書物の関係にしてもまた同じことがいえよう。

??出会い?≠ニいう言葉がある。それは偶然のめぐりあいというロマンチックな意味あいをもっているが、じつは多くの必然的な要素の積み重なりを意味する。人が″一冊の本?≠ノ出会うのも、それがたまたま目についたという偶然だけでは何事も起こらない。なによりも、その人がその本を受けいれる精神状況にあり、さらにその本を消化しうるに足る過去の経験や知識が備わっているということが必要であろう。そうでなければ、その本と人は行きちがいになってしまう。

人は一冊の本と出会うためには、何百冊という本と行きちがいになっているはずだ。それゆえにこそ、一冊の本との出会いは貴重なのだ。

ところで一冊の本とは何だろう。要するに人生のいろいろな局面に意味をもった書物ということなのだが、いささか人生論くさくなるので定義づけはやめる。人はだれでも一冊の本を持っているのだ。ただ、それを意識化しているか否かのちがいがあるだけなのだ。

とにもかくにも、本書はこの辺の冒頭部分において、簡潔にして妙を得た箇所が並んでいる。要約してもよいのだが、まさしく再読して味わうためにも引用した。

書物にも食べ物と同じように「旬」がある。それは、その本を読んで「おもしろい」と感じることのできたときをいう。私はその意味でこそ書物との出会いは一期一会だと思う。

12-13 青春と古典

全文を読まれる場合はログインしてください


Up