ホーム > 読んだ >

九つの空

書誌

author團伊玖磨
publisher朝日文庫
year1979
price440
isbn260053-Y

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
1997.10.?読了
2000.3.4公開
2001.4.16修正

「パイプのけむり」で著名なエッセイスト(とはいえ、この人の本業は作曲家である)による旅行記。文字通り世界をまたにかけて 9 つの秘境/奇蹟を訪れている。何ともうらやましく、そして序文がすばらしい。まさに著者の人と文章の面目躍如というところか。

抄録

3 序文

さまざまな色に変化する美しい空があった。あらゆる姿で僕を迎える広大な海があった。濡れたように光る緑の森が、眩しい純白の雪の原が、枯れ果てた林が、そして、川が、斜面が、行く雲を映す湖があった。

人の居ない処を歩いた。人の居る処も歩いた。人の居ない処にも、探せば必ず人の通った径(みち)があった。人の居る処には家があり、暮らしがあり、人々は愛し合い、時には憎み合いながら、営営と働いていた。遠い街、丘の上の家々、谷間の小屋の群れ。家は、遠く離れて見ると、人間の喜びと悲しみの函(はこ)に思えた。そして、遠い、人間の喜びと悲しみの函の上に、日が照り、風が吹き、月が浮かび、雨が降るのが見えた。

百代の過客の紡(つむ)ぐ経(たていと)と、人間の思考と行為が縒(よ)る緯(よこいと)は、地球上の何処ででも、刻一刻、歴史を織り続けていた。そして、歴史の綾織りは、地表を染め分け、朝も、昼も、夜も、その筬(おさ)の音を大地から空へ投げ上げていた。

この本は、遥かな筬の響きを伴奏に、さまざまに色を変える九つの空の下を、蟻のように歩き廻りながら、僕が心の底から歌った、地球への、人間への讃歌である。

164-168 ホワイト・サンズ : 原爆が始めて爆発した地

僕は、調べて来て知っていた。今、この小さな飛行機が飛んでいるすぐ西側の、黄褐色の砂漠こそ、我々の祖国を、完膚無き迄に叩きのめし、その後の世界地図を塗り変える事になった??原子爆弾?≠ェ人類の歴史上、初めて、??実験?≠ウれた所である事を??。蚊のように、巨大な平原の上を飛ぶ飛行機のプラスティックの窓から見詰める黄褐色の砂漠は、今は、何をも表現せぬ荒れ果てた一枚のカーペットであった。それは、死んだ女の肌のように、あらゆる過去を刻みながら、何をも刻まれる事を拒んで来た冷たい物質のように見えた。

全文を読まれる場合はログインしてください


Up