ホーム > 読んだ >

LA QUINTA CAMERA
?5番目の部屋?

書誌

authorオノ・ナツメ
publisher小学館
year2006
price600+tax
isbn4-9-188327-3

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2009.3読了
2009.4.2公開
2009.4.2修正

オノ・ナツメの本を読んだのはこれが初めてで「たまには今まで読んだことのない人を」という気持ちで読んだ本。どこかの書店へ行ったときには、この人の本だけでコーナーができていて平積みになっていたのに驚いたが、読んでみるとそう突拍子もないお話というわけでもない。

むしろ、何の変哲もない日常生活が淡々と描かれている。もっというと、そういう何の変哲もないものを違和感なく読み進められる漫画??ということなのだと思う。

考えてみると、フィクションというのは一般的に「非日常」を扱い、それが扱えるからこそのフィクションでもあるわけだが、そういう土俵の中であえて日常のさりげない何かを演出するというのは難しいことのように思う。著者は当然これを意図的にやっているんだろうとは思うが、それが魅力であり安心した読み応えということなんだろうと思った。(まあ、ほかの本を読んだわけではないので、これ以上は控えますが...)

抄録

100

p.100

Up