ホーム > 読んだ >

LIVE HACKS!
今を大切にして成果を5倍にする「時間畑」の法則

書誌

author大橋悦夫
publisherゴマブックス
year2008
price1500+tax
isbn978-4-7771-0950-0

目次

1感想
2抄録

履歴

editor唯野
2008.10.11読了
2009.4.6公開
2009修正

時間の使い方に的を絞った本で lifehack 系ブログである「シゴタノ」の主宰者による本。小山龍介の『TIME HACKS』ほど小技に走らず、『ストレスフリーの仕事術』ほど大局的でもないという、両者の中間的な本となっている。どちらかといえば、GTD を著者なりの「時間畑」という概念でかみ砕き解釈し直した本だと思う。とはいえ、時間を畑から収穫するという発想は、いい方こそ違えレバレッジやリターンを得るという投資的なところの延長線上といえなくもない。

個人的には緊急性と重要性によるマトリクスにおける第 2 領域「重要だが緊急ではない」案件こそが備えのために必要であるという強調は同感であり、またその意識が弱かったと実感した点でよい勉強になった。しかし、手厳しくいえばそれ以外では『ストレスフリーの仕事術』のほうが実践的であると感じた。

抄録

3/6 cf.5

僕の意見はどちらでもありません。効果が出るまで続けなかったのが原因と考えています。もちろん、効き目のない本も中にはあるでしょう。でも、どんなに名著であっても、効果が出るまで続けなければ読まなかったのと同じです。-/-

「効果が出るまで続ける」というと、大変険しい道のりを連想させますが、ここで言いたいことは何が何でも達成すること、ではなく、目の前にあることを無理なくこなしていくことです。つまり、「今」を大切にする姿勢です。「今」を大切にし続けていれば、知らず知らずのうちに、「効果が出るまで続ける」ことになるでしょう。-/-

9

時間を「必要を満たす」果実と見なすのではなく、「必要を育てる畑」としてとらえ直すのです。従来の考え方が「時間果実」であったとしたら、この本では「時間畑」ということになります。時間果実が消費される時間なのに対して、時間畑は生産を旨とします。

27-28/33

-/-ぜひ「最優先課題書き出しワーク」を実践してみてください。お時間のない方は一分間でも構いません。一つでもいいので、とにかく今抱えている課題を書いてください。

ちなみに、僕自身は、このワークを毎朝の日課にしています。五分だけですから、どんなに忙しくてもノートとペンさえあればできます。-/-

ドラッカーは、『現代の経営』(ダイヤモンド社)の中で、「重要なことは、正しい答えを見つけることではない。正しい問いを見つけることである」と述べています。つまり、仕事を始める前に課題を書き出すことは、仕事のウォーミングアップになるのです。

37-39 cf.166

全文を読まれる場合はログインしてください


Up