ホーム > 読んだ >

完全版
マッドメン

書誌

author諸星大二郎
publisherちくま文庫
year1991
price740
isbn480-02543-X

目次

1感想

履歴

editor唯野
1997 ?読了
1999.3.14公開
2002.11.28修正

諸星大二郎は全般的にどんな作品でも好きな漫画家のひとりであるが、個人的に最も気に入っている作品をひとつ挙げろといわれれば本書であろう。氏の作品は、その構成におけるスケールの大きさや計算された全体のまとまり方などで私を惹きつけるのだが、この作品ではその点が特に秀逸だと思うからである。というのも、それは単純に作品全体が環を成した構成というだけでなく、作中の現代社会に対する皮肉や因果が我々自身のものとしても感じられるようになっているからだ。そして、それが作品の中心に位置する神話とも重なることによる構想力の大きさが圧巻だからである。最後まで読んだときに「はーっ」とため息をつくことは間違いのない一冊。

Up